俺のキャッシング

Just another WordPress site

埼玉りそな銀行「りそなプレミアムカードローン」

   

金利 3.5%~12.475% 最大借入額 800万円
返済方法 残高スライド方式 遅延利率 14.00%
年齢制限 満20歳~満60歳 保証人 原則不要

 

特徴

りそなプレミアムカードローンは、埼玉りそな銀行が提供する銀行カードローンになるぜ。銀行ローンにもさまざまなものがあるが、りそなプレミアムカードローンの最大の特徴は、最高金利が低めに設定されているという点になるんじゃないかな。

最低金利を低く設定しているキャッシングサービスは多いが、その最低金利を利用できる消費者はほんの一握りさ。ほとんどの利用者は、最高金利でお金を借りることになるんだ。そして、りそなプレミアムカードローンはその最高金利が12.475%と低くなっているのさ。

金利

特徴でも挙げたが、りそなプレミアムカードローンの金利は3.5%~12.475%だぜ。最低金利も低めに設定されているんだが、注目すべきは最高金利だろう。特に初回にお金を借りる際には最高金利がつくことが多いと思うから、最高金利が低いほうが利用勝手がいいはずだぜ。

借入限度額

金利(実質年率)

限度額50万円型

12.475%

限度額100万円型

11.500%

限度額150万円型

11.500%

限度額200万円型

9.000%

限度額300万円型

7.000%

限度額400万円型

5.500%

限度額500万円型

4.900%

限度額600万円型

4.500%

限度額700万円型

4.000%

限度額800万円型

3.500%

 

限度額

それでは、限度額はどうなっているだろうか?りそなプレミアムカードローンの最高貸し出し額は、800万円となっているぜ。他の銀行のカードローンを比較してみると、限度額を1000万円に設定しているところもある。それを考えると、りそなプレミアムカードローンの限度額は低いと感じる人もいるかもな。

でも実際に800万円を借りる人なんてほとんどいないぜ。それよりも、50万円以下の借入でも金利が12.475%しかつかないということに注目してみよう。大金を借りなくてもお得な金利で返済していけるから便利だろう?

申し込み方法

りそなプレミアムカードローンは、以下の方法で申し込みが可能だぜ。

・インターネット

・電話

・FAX

・郵送

やはり便利なのは、自宅でもすぐに申し込むことができるインターネットの利用だろう。パソコンはもちろん、モバイルからも申し込みが可能だから気軽に利用できるはずさ。また、不安な人は店頭窓口でも申し込みに対応しているから利用してみてくれ。

返済方法

りそなプレミアムカードローンでは、ATMからの返済、もしくはマイゲート、自動引き落としによる返済の中から好きなものを選ぶことができるぜ。ATMは、りそなのATMかコンビニのATMが利用可能だ。

マイゲートとは、りそなのインターネットバンキングだな。ログインしてからカードローンをクリックすれば、返済金額を指定して返済できるはずさ。また、自動引き落としの場合は毎月5日に勝手に引き落とされるぜ。

返済方式

りそなプレミアムカードローンでは、残高スライド方式を採用しているぜ。これは毎月5日の借入残高に応じて、返済しなければならない最低額が決まるというものだぜ。もちろんそれ以上返済する分には何の問題もないぜ。一応、いかに最低返済額をまとめておいたから確認してくれ。

返済方法

基準貸越残高

毎月5日に返済する返済額

1万円以下

基準貸越残高全額

1万円超~50万円以下

1万円

50万円超~100万円以下

2万円

100万円超~200万円以下

3万円

200万円超~300万円以下

4万円

300万円超~400万円以下

5万円

400万円超~500万円以下

6万円

500万円超~600万円以下

7万円

600万円超~700万円以下

8万円

700万円超~800万円以下

9万円

 

 

メリット

りそなプレミアムカードローンには、様々なメリットがあるぜ。金利が安いというだけではなく、自動引き落としで返済日を忘れていても安心だという点などがあげられる。また、自動融資機能を持っているため、うっかり口座にお金がなかったとしても安心だ。

自動融資機能(オートチャージ)とは、口座の残金が一時的に足りなくなった時などに、限度額の範囲内で自動的に融資するというシステムさ。多くのキャッシングサービスでは、自動引き落としにして口座にお金がない場合は返済遅延扱いになることになる。しかしりそなプレミアムカードローンではそれを防ぐことができるのさ。

 - カードローン