俺のキャッシング

Just another WordPress site

主婦のキャッシングと夫の年収の関係

   

キャッシング業者を利用する際には、当然審査をすることになるぜ。審査の方法などは業者によって異なるが基本的には似たようなもので、その審査を通過すれば晴れてお金を借りることができるようになるのさ。審査の基準の中には当然年収も含まれるが、主婦の中にはパートの収入が少ない人もいるだろう。そんな場合は、夫の年収も含めて審査されることもあるのさ。

返済能力とキャッシング

キャッシング業者は、返すことができるかどうかを確認しなければ簡単にお金を貸してくれないぞ。そのため、借り入れの段階で年収が100万円の人よりも1000万円の人のほうが有利である言ことに間違いない。年収が多いほうが借り入れしやすいし、借り入れの額も大きくなることが多いんだ。

それでは、主婦の場合はどうだろうか?主婦は収入が少ないことが多いため、年収が多いからたくさんのお金を貸してあげよう、という判断には至らないだろう。しかし、主婦の中にもたくさんのお金を借りたいという人は多いはずさ。じゃあ年収が少なくてお金をたくさん借りたい主婦はどうしたらいいんだ?

改正賃金業法

最近、賃金業法が新しくなったんだが、その法律上キャッシング業者は、借り手の年収の3分の1以上の貸し付けを禁止している。この法律ができる以前は、主婦であっても比較的気軽にお金を借りていたのさ。しかしこの法律ができたことによって、特に専業主婦はますますお金を借りることが容易でなくなったんだ。

また、たとえパートやアルバイトなどで安定した収入がある主婦であったとしても、年収が少ないため多額のお金を借りることが不可能になったのさ。要するに、この改正賃金業法の影響を受けていない主婦は、安定した仕事がありしっかりとした稼ぎのある主婦に限定されたんだ。しかしそんな主婦はほんの一握りだから、ほとんどの人は困ってしまったのさ。

配偶者貸し付けの存在

しかし、当然それに対する解決策もあるんだぜ。それが、配偶者貸し付けというものなのさ。配偶者貸し付けとは、夫と結婚しているという配偶者という証明とその夫の同意書を提出することができれば、自分の年収と夫の年収を合わせた額の3分の1までの借り入れが可能になるというものなのさ。つまり、究極を言ってしまえば主婦の年収が0円で夫の年収が1000万円の場合、1000万円の3分の1までの額を借りられるということになるんだ。

配偶者貸し付けの問題点

主婦の人は、こんな方法があるんなら自分でもお金を借りることができると思ったんじゃないのか?しかし、この配偶者貸し付けにもデメリットがあるのさ。そのデメリットとは、ずばり審査に時間がかかるという点だ。夫婦だという書類を提出すれば即日でお金を借りることができるわけではないのさ。

業者もその書類のチェックやら審査やらに時間をかけることになるため、借りられるまでにある程度の時間が必要なんだ。手間がかかるため、実際にたくさんのキャッシング業者では専業主婦への貸し付けをやめてしまったのさ。やはり、実際に楽に借り入れができるのは安定した収入のある主婦ということになってしまうだろう。

銀行系キャッシングの活用

それでは、銀行系のキャッシング業者はどうなんだろうか?消費者金融系とは異なり、銀行系キャッシングでは年収の3分の1以上のお金を貸し付けてはならない、というルールが適用されないはずだ。実際に、基本的には年収の少ない主婦であっても銀行系のキャッシング業者からお金を借りることは可能だぜ。

しかし、やはり確実にお金を借りたいのであれば、主婦であってもしっかりとした収入があり安定した職業に就いているに越したことはないだろう。それに加えて、夫も安定した職業についており高い年収であれば全く問題は起こらないはずさ。自分の年収と夫の年収を合わせた収入が高ければ高いほど、キャッシングの限度額も優遇されることになるんだ。

 

 

 

 - 主婦のキャッシングについて, 未分類