俺のキャッシング

Just another WordPress site

モビットの即日融資

   

モビット

消費者金融のモビットを知っているという人も多いと思うが、モビットは三井住友銀行グループのキャッシング業者だぜ。しかし、銀行が運営しているローンとは異なり一般の消費者金融と同じだから、総量規制の対象となるぜ。だから、借入は年収の3分の1までなのさ。

様々な消費者金融があるが、モビットも即日融資に向いている消費者金融といえるだろう。審査は最短で30分で終わるので、即日融資も可能なのさ。ただし、申し込みの時間帯や曜日などによって当日中に借り入れできないこともあるぜ。だから条件を揃えてから即日融資をお願いしよう。

実質年利

3.0%~18.0%

借入限度額

1~800万円

審査時間

最短で30分

返済方式

借入後残高スライド
元利定額返済方式

申込資格年齢

20歳以上69歳以下

総量規制

対象

保証人

不要

遅延利率

20.0%

モビットの特徴

即日融資について

モビットは、条件さえ揃えば即日融資も可能なキャッシングサービスだぜ。他の消費者金融同様、ローンの申込機で申し込みをすれば、その場でキャッシング可能なカードを受け取ることができるのさ。審査に通過してカードが発行されれば、後はそのカードをATMで使うだけだ。申込機は土日も利用できるから、休日にお金が必要な人にもオススメさ。

また、振り込みで即日融資を受けることも可能だぜ。申込機に出向くことができない人は、この振り込みでの融資をしてもらうといいだろう。しかし、振り込みを希望する場合は、平日の14時50分までに借入申込の手続きを完了させなければいけないから注意してくれ。

モビットの金利

モビットの金利は3.0%~18.0%になっているから、一般的な消費者金融のそれとほぼ変わらないといえるだろう。銀行カードローンと比べると若干金利が高く設定されているが、即日融資も可能な消費者金融だから仕方のない部分もあるんじゃないのか?

一応、申し込みをして審査を受けてみなければ、何%の利率が適用されるかはわからないぜ。しかし基本的には最初は最高金利を付けられる可能性が高いのさ。審査のスピードが早く即日融資には向いているが、金利は普通くらいということだな。

モビットの在籍確認について

お金を借りたいけど在籍確認されたら困るという人も多いんじゃないのか?また、キャッシングサービスを利用したら、自宅に郵便物が送られてくることもあるが、それも困るという人も多いだろう。さらに、電話でのやり取りさえ、できれば避けたいという人も少なくないはずだ。

モビットであれば、電話がかかってくることもなく郵便物が送られてくることもないWEB完結申し込みというものがあるぜ。申し込みから審査、そして契約から借入までを全てインターネット上で済ませられるから、周りにキャッシングサービスを利用していることがバレないぜ。

ただし、このWEB完結申し込みの利用条件は少々厳しくなっているのさ。だから、だれでも利用できるというわけではないんだ。例えば、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていなければならないし、提出しなければならない書類も多い。しかし働いているのであれば不可能ではないので、このサービスを利用したいのであれば、利用条件を確認してみよう。

モビットで即日融資を受けるための知識

申し込み方法について

モビットの申し込み方法は、インターネットか電話、ローン申込機か郵送の4つだ。この内で、即日でお金を借りたいという人はネットを利用してから電話をしてすぐに審査をしてもらう方法を選ぶと良いだろう。ここでは、モビットの即日キャッシングの方法を具体的に見ていこう。

まずは、パソコンやスマートフォンからモビットのホームページにアクセスしてくれ。そこの「カード申込」の画面から必要事項を記入して、申込フォームを送信するのさ。申込フォームの送信が終わったら、フリーダイヤルに電話をするんだ。そうすればすぐに審査をしてくれるし、審査が終わったら電話で合否を教えてくれるぜ。

ここからは、カードを受け取るか振込を選ぶかで方法が変わってくるんだ。すぐにカードがほしい人は、モビットのローン申込機に行ってカードを発行してくれ。カードがもらえれば、そのカードを使ってATMからすぐに借り入れすることができるのさ。

もちろん即日借入も可能だな。しかし、ローン申込機は設置場所によって変わるが、基本的には21時までしか営業していないぜ。だから、深夜に借入をしたいと思っても利用することはできないのさ。

入金してほしいという人は、審査に通過してから電話やネット上で借入を申し込んでくれ。そうすれば指定の口座に振り込んでもらえるはずさ。しかし、振込キャッシングを使う場合は、平日の14時50分までに借入申込までを完了させておかなければならないぜ。

なお、モビットを利用する場合は収入を証明する書類が必要になることが多いぜ。源泉徴収票か納税証明書、確定申告書か真近2ヶ月分の給料明細の写しなどのいずれかが必要になるから、即日融資を受けるためにも事前に用意しておいたほうがいいだろう。

借入方法について

モビットでは、振込キャッシングかATMでの融資を選択することができるぜ。基本的には条件さえ揃えば、どちらの方法を利用しても即日でお金を借りることができるはずだ。

振込キャッシングは、こちらが指定した銀行口座に入金してもらう方法さ。パソコンやスマートフォン、もしくは電話で手続きを行えば、最短で3分で入金してもらえるのさ。しかし、この方法は銀行の営業時間中でなければならないぜ。

具体的には、モビットでは平日の9時から14時50分の間に手続きをすることが求められるぜ。それ以降に申し込みをしたら反映されるのは翌営業日となってしまうから気をつけてくれ。

一方、ATMを利用すれば時間帯に関係なくすぐに借り入れが可能だぜ。モビットには自社ATMはないんだが、全国の100000台(2015年6月現在)のコンビニATMや銀行のATMやと提携しているため困ることはないはずさ。

例えば、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、イオン銀行やセブン銀行、Enet、ローソンATMなどがあげられるぜ。ただし、ATMから借り入れを行う場合は手数料がかかってくるから注意してくれ。

返済システムについて

返済方式

モビットでは、借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しているぜ。多くの消費者金融で利用されている方式だから、わかりやすいんじゃないのか?この残高スライドリボルビング方式は、借入残高によって月々の返済額がスライドするのさ。

借り入れた直後は返済額が多いが、残高が少なくなるに連れて返済額も減っていくんだ。月々の返済額の詳細は、下記の表を参考にしてくれ。

借入残高

月々の最低返済額

90万円超過~100万円以下

26000円

80万円超過~90万円以下

24000円

70万円超過~80万円以下

21000円

60万円超過~70万円以下

18000円

50万円超過~60万円以下

16000円

40万円超過~50万円以下

13000円

30万円超過~40万円以下

11000円

20万円超過~30万円以下

11000円

10万円超過~20万円以下

8000円

10万円以下

4000円

借入初期は返済額の中の利息の割合が多いため、元金がなかなか減らないのがデメリットだな。また、後半になると返済額が減るため、同じように元金の減りが遅くなるぜ。追加返済をしてまとめて返してしまうことができれば、利息を最小限に抑えることができるはずさ。

返済方法

モビットの返済では、ATM返済か銀行振込み返済、または口座引落返済のいずれかを選ぶことができるぜ。ネットバンキングで返済したいという人は、モビットは利用できないということになるんだ。

モビットは自社ATMが無いかわりに、提携しているATMの数は多いぜ。そのため、基本的にはどこにいても不自由なくATM返済をすることができるといえるだろう。しかし利用時に手数料がかかってしまうのが残念だな。銀行振込を利用する場合も、同様に振込手数料がかかるから注意しよう。

手数料無料で利用できるのは、口座引落の返済になるぜ。しかし、引き落とし先として指定できるのは、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のいずれかの口座のみとなるから、これらの銀行の口座を持っていない人は返済の際に必ず手数料を支払うことになるのさ。

返済方法に若干難ありといえるモビットだが、審査のスピードが早いため即日融資を狙っている人にはオススメできる業者の1つといえるだろう。ただし、申し込み時には返済方法まで全てを確認して落ち着いて業者を選ぶようにするべきだぜ。

モビット

 - 即日融資の出来る業者について