俺のキャッシング

Just another WordPress site

即日融資が可能な職業

   

即日融資を受ける際には、必ず審査を受けることになるぜ。そして、その審査では職業を見られることになるのさ。キャッシング業界では職業によって信頼度が異なるんだ。審査に通りやすくお金を借りやすい職業もあれば、反対に借りにくい職業も存在するのさ。

それでは、即日融資に有利な職業にはどのようなものがあるのだろうか?ここでは、即日融資と職業の関係について見ていくとしよう。

即日融資の審査の前に

今すぐにお金が必要だという人にとって、即日でお金を借りることのできる即日融資は非常に便利なサービスなんじゃないかと思うぜ。しかし、申し込みをしたその日にお金を貸すからこそ、業者としてもその申込人のことをしっかりと調べたいのさ。

それが審査になるんだが、審査では申込人の職業についても調べられることになるぜ。希望すれば誰もが簡単にお金を借りられるということではなく、審査によって貸しても問題ない人が選ばれるんだ。

業者は独自の基準に基づいて、申込人を調べることになるぜ。業者ごとにその基準は異なるんだが、その基準を満たしていなければ即日融資どころかその業者からお金を借りることさえできないのさ。

即日融資を希望している人は、今すぐにでも申し込んで少しでも早くお金を借りたいと思っているんじゃないのか?しかし、時間があるのであればその前に自分の職業や年収について考えてみよう。

自分の職業がキャッシングサービスの利用に向いているのかどうかを考えるだけでも、審査に通りやすくなることがあるんだぜ。社会的に信頼されている職業なのか、融資希望額を十分に借りることができるくらいの年収があるのか、ということなどを考えてみてくれ。

無職は問題外

即日融資でお金を借りたいと思っている人の中には、仕事をしていない無職の人もいるんじゃないのか?無職ということは、お金を借りてもそれを返済する術がないということだ。キャッシング業者としても、返済能力のない人物にお金を貸すようなハイリスクは取らないぜ。

例えば収入が少なかったとしても、何らかの形でお金を稼いでいるのであれば、即日融資などを受けられるチャンスはあるはずさ。しかし無職で全く収入がないという人は、キャッシングサービス自体を利用することができないんだ。

無職の人の中には、親に仕送りを送ってもらっている学生や夫が稼いでいる専業主婦などもいるんじゃないかと思うぜ。普段の生活をする分には、自分が働かなくてもお金が入ってくるのかもしれない。しかし、それは自分の所得ではないはずさ。

中には、そのような人々のためのキャッシングサービスもあるようだぜ。しかし、基本的には無職ではお金を借りることはできないと覚えておこう。時間があるのであれば、アルバイトやパートなどで小銭を稼ぐのもいいんじゃないのか?そうすれば、即日融資などで悩むこともなくなるはずさ。

職業と年収の関係

即日融資を受けたいのであれば、まずは何らかの職業についてお金を稼いでいるのが1つ目の条件といえるだろう。無職でも融資OK等と言っている業者もあるんだが、そういった業者中には怪しいところも存在する。だから、やはりキャッシングサービスを利用する前に何らかの職に就くことを考えよう。

仕事があるのであれば、収入が少なくても返済のためのお金を稼ぐことができるはずさ。またキャッシング業者も、仕事があるのであればとりあえずは返済能力がある人物なのではないかと判断するはずさ。

職業と収入で決まる即日融資

何らかの職業についていればキャッシングサービスで即日融資を受けられるかもしれないと記載したが、働いている人でも何らかの事情によって審査に落とされてしまうことがあるのさ。もちろん過去に返済トラブルなどがある人は問題外だが、収入面が問題になることもある。

一般的にサラリーマンなどと呼ばれる正社員であれば、基本的には収入が安定しているから問題なく即日融資を利用することができるんじゃないかな?また、アルバイトであっても毎日働いていて収入が安定しているのであれば問題ないはずさ。

しかし同じアルバイトでも、先月は20日出勤して月収20万円だが、今月は1回しか出勤していないから1万円しか稼いでいない、と言った収入が不安定な人の場合は、審査で断られる可能性が高いぜ。

また、極端な例を挙げれば、自営業で先月は200万円稼いだが今月は20万円しか稼げなかった、更に先々月は赤字だった、というような人の場合も、とても収入が安定しているは言えないぜ。

自営業で儲けている人は簡単に借りられる気もするが、収入が安定していないためキャッシング業界では低評価なのさ。逆に所得が少ない人であっても、毎月の給料が安定しているのであればキャッシング業者も安心して融資をする傾向にあるぜ。

もちろん、収入が少ない場合はその分融資額が少なくなる可能性が高いぜ。しかし即日融資できれば少額でも問題ないという人であれば、普通にお金を借りることができるんじゃないかと思うぜ。

 

即日融資と職業の種類

それでは、職業ごとに即日融資が受けやすかったり受けにくかったりするのだろうか?ここでは、職業と即日融資との関係について見ていくことにしよう。

即日融資がしやすいと言われる職業

即日融資がしにくい職業もあれば、逆にしやすい職業があるのも事実だぜ。結論から言うと、日本でキャッシング業界から最も高い信頼を得ている職業が公務員さ。公務員と言っても学校の先生や警察官など色々なものがあるが、基本的には公務員であればお金は借りやすいのさ。

即日融資にかかわらず、お金を借りる上でもっとも重要なのがきちんと返済できるかどうかだ。そして、そのためには月々の安定した収入が必要になってくる。そして、公務員は毎月の収入が非常に安定しているのさ。

また、公務員は様々な職業と比べても離職率が低い職業になるんだぜ。立派な職業についていても、辞めてしまったら収入は途絶えてしまう。辞める可能性の低い公務員だからこそ、キャッシング業界からの信頼も厚いのさ。公務員であれば、自信を持って即日融資の手続きができるんじゃないのか?

最も信頼されるのが公務員だが、その他にも大きな企業の社員などが信用度が高いといえるだろう。もちろん大手の中にも離職率の高い企業はあるんだが、長期間働いているのであれば信用度はさらに高まるぜ。

その他の職業であったとしても、とにかく年収が安定しているのであれば即日融資も可能だぜ。また、離職率の高い職場であっても、勤続年数が長ければ同様に信頼されやすくなるため、即日融資を受けられる可能性が高まるのさ。

即日融資がしにくいと言われる職業

それでは、逆に即日融資がしにくい職業にはどのようなものがあるんだろう?キャッシングを利用しやすい職業は、収入が安定しており離職率の低い職業だ。ということは、利用しにくい職業は収入が安定しない職業や離職率の高い職業ということになる。

一般的には、例えばトラックの運転手やタクシードライバー、水商売の人やパチンコ屋の店員、さらにフリーランスや日雇い労働者などがそれに当たるぜ。また、先ほど挙げた自営業の人も収入が安定しないためこちらに含まれるのさ。

基本的にこれらの仕事は、自分が辞めたいと感じたら簡単に辞めてしまうことができるぜ。仕事を辞めて収入がなくなってしまったら、返済することができなくなってしまう。また、仕事を辞めてどこか遠くに行ってしまうことも可能だぜ。

そうなると、業者が貸したお金を回収できなくなってしまう可能性が出てくるだろう?そのため、即日融資であろうとそうでなかろうと、業者としてはあまりお金を貸したいと思わないのさ。

ただし、だからといって上記の職業に就いている人がお金を借りられないということではないぜ。もちろん条件が揃えば即日融資だって可能さ。信用度の低い職業というのは変わらないんだが、年収や勤続年数なども見られるから、しっかりと働いているのであれば自信を持って審査を受けてみよう。

 

自分の職業を考えた上で申し込みをする

このページの最初にも述べたが、もう一度自分の職業を考えた上でキャッシング業者に申し込むようにしよう。今なら、自分の職業が即日融資を受けやすいかどうかがわかるんじゃないのか?職業以外に年収なども重要な項目だが、職業と即日融資の関係が何となくつかめたんじゃないかと思う。

無職で収入がないという人は、まずは仕事を探してお金を稼ぐところから始めてみたらどうだ?職業や年収などに見合った借入希望額を提示することによって、即日融資が受けやすくなるはずさ。

 

 - 即日キャッシングについて