俺のキャッシング

Just another WordPress site

即日融資のポイント

   

キャッシング業者の審査に通過しなければ、即日融資を受けることはできないぜ。業者によって審査の基準は異なるが、基本的な審査のポイントは基本的には変わらないのさ。だから、ここでは審査で見られるポイントを紹介しておこう。

年収

お金を借りることになるから、やはり審査で大きなポイントとなるのは年収だな。年収が多ければ多いほど審査に通りやすいと思う人も多いと思うが、単純に審査に通過するだけであれば、ある程度稼いでさえいれば問題ないぜ。

融資金額によっては、年収が問われないこともあるのさ。しかし業者の中には即日融資をするためには年収を証明する書類の提出を求めてくることがあるから要注意だ。それでは、即日融資を受けるためにはどれくらいの年収があればいいんだろう?

求められる年収の基準も業者によって若干異なるようだが、はっきりといくら以上なければ借りられないといった感じで公表されているわけではないのさ。通常は、毎月安定した収入を稼いでいるのであれば年収面を問題にされることはないはずだぜ。

学生や主婦の中には、アルバイトやパートでしかお金を稼いでいないという人もいるはずさ。正社員などと比べると稼ぎは低くなると思うが、月々の収入が安定しているのであれば心配することはないと思うぜ。

反対に、稼いでいる月もあれば収入が全くない月もあるといった、収入が安定しない人のほうが審査に落とされる可能性が高くなるんだ。ある月だけ極端に大金を稼ぐというよりも、毎月の収入がほぼ同じ人のほうが、業者としても安心して融資できるんだな。

多額の融資を希望する人の場合は、年収証明書類を提出する必要があるぜ。例えば確定申告書や給与明細などが必要だから、即日融資を成功させるためには予めそういった書類を用意しておいたほうがいいだろう。

職業

キャッシングサービスを利用するには年収が重要になるが、どんな職業についてお金を稼いでいるのかも重要なポイントの1つだぜ。無論だが、無職の場合は基本的にお金を貸してもらうことはできないぜ。無職の人にお金を貸しても返済のあてがないから、業者としてもあまり貸したくないのさ。

仕事に就いていることが融資の条件だが、どんな仕事であっても簡単に審査に通過できるというわけではないんだ。仕事をしていれば返済するためのお金を稼ぐことができるということだが、職業によっては信用度が低いものもあるのさ。

例えば、収入が安定しないフリーランスの人や離職率が高いと言われている水商売などに就いている人は、業者に信用されにくいといえるだろう。また、仕事を始めてからすぐの勤続期間が短い場合も、職業としての信用度は低いのさ。

反対に、信頼が最も高い職業が公務員だ。日本の公務員は解雇の心配もないし離職率も低いため、キャッシング業界では絶大な信頼を誇っているのさ。もちろん即日融資もしやすいといえるんじゃないかな?

アルバイトやパートで生計を立てている人や安定しない職業に就いている人の中にも、即日融資でお金を借りたいと思っている人はいるはずさ。確かに公務員と比べると信頼度は下がるんだが、融資額が少なかったとしても断られるとは限らないから審査を受けてみるのもいいと思うぜ。

家族構成

キャッシング業者は、審査の際に家族構成も見ることになるぜ。家族構成がなぜ審査のポイントに含まれているかわからないという人もいるかもしれないが、養うべき家族がいるのといないのとでは、自由に使えるお金が異なってくる

要するに、自由度の高い独身の方が審査に通りやすいということさ。逆に、子どもがいる場合は養育費などでお金を使うことになるから、独身の人よりも審査に落ちやすくなるといえるだろう。

極端な話をすると、独身で月に30万稼いでいる人と子どもが2人いて月収50万の人がいたとすると、前者のほうが審査に通りやすかったりすることもあるのさ。もちろんその他の項目も含めて総合的に判断するんだが、自由になるお金がどれくらいあるのかがポイントだな。

しかし、例えば50代のサラリーマンで子どもがすでに独立しているというような場合は、子どもがいたとしても即日融資が簡単にできる可能性もあるぜ。独立していれば自由に使えるお金は多いし、50代ともなれば収入も安定しているからな。

子どもがいて即日融資を希望している人は、少しがっかりしたんじゃないのか?しかし、即日融資ができないというわけではないぜ。融資額は減るかもしれないが、基本的にはその他の審査項目に問題がなければ融資も受けることができるはずさ。

居住形態

審査では、現在住んでいる住宅についても調べられるぜ。簡単にいうと、住宅が持ち家なのか賃貸なのかという点が重要になってくる。即日融資を有利に進められるのは、持ち家に住んでいる人だな。

持ち家はその申込人の所有物ということだから、普通に考えれば今後もそこに住み続ける可能性が高いだろう?持ち家は立派な個人の不動産だし、家がある以上どこかに逃げる可能性も低いからな。ただし、住宅ローンが残っている場合は安心できないぜ。

賃貸物件に住んでいる場合は、本人が希望すれば簡単に引っ越すことができるぜ。現在住んでいる家は個人の持ち物ではないから、極端な話、業者に内緒で夜逃げをしてしまうこともできるのさ。もちろんそこまでする人はほとんどいないが、実際にそういった人もいるため持ち家と比べると審査で不利なのさ。

その中でも特に、新しい賃貸物件に引っ越してきたばかりという人は、最も信用されないといえるだろう。普通に引っ越しをしただけだという人がほとんどだろうが、転居が多かったり転居したてだったりすると、簡単に引っ越されるのではないかと業者に身構えられてしまうのさ。

即日融資をしてもらう際にも、やはり持ち家のほうが有利だぜ。しかし、もちろん居住形態や居住年数だけで判断されることはないから、賃貸に住んでいる人や引っ越したばかりの人が審査に絶対に落ちるということではないぜ。

他社での借り入れ

即日融資を受けるための審査では、過去の借り入れの実績を調べられることになるぜ。申し込みをするということは、その業者は初めて使うということだろう。しかし、過去に他社での借り入れがある場合は、業者は怪しいと感じるのさ。

即日融資を受けたいのであれば、今まで利用したことのある業者を再び使うのが最も簡単な方法だぜ。しかし、その業者を利用せずにわざわざ会社を変えるというのは、過去にその会社との間に何らかのトラブルがあったのではないかと考えられてしまうのさ。

もちろん、普通に他の業者を使ってみたいという人や、過去に利用した業者と比較していいと思ったから新規で申し込んでいる人も多いだろう。しかし、他社で借り入れ履歴がある人の場合は業者にしっかりと調べられることが多いのさ。

キャッシング業者の数はどんどんと増えているから、中には複数の業者から同時に借り入れをしているという人もたくさんいるぜ。そして、利用している業者に返済するためのお金がないからといった理由で、他社で新しく契約を結ぶ人もいるのさ。

様々な業者を上手に使いこなすのはいいことだが、複数社からの借り入れが増えすぎると返済を管理できなくなって危険だぜ。特に今までキャッシングサービスを利用したことがない人は、まずは1社に絞って即日融資を受けるのがいいだろう。

年齢制限

即日融資を受けたい人の中には、その業者が定める年齢に達していない人もいるんじゃないのか?業者によって異なるが、基本的には成人でなければ融資を受けることができないはずさ。また、高齢者もお金を借りられないことが多いぜ。

即日融資が必要な人の中には、今すぐにお金が必要で焦っている人もいるはずさ。そして焦っている人は、即日融資の文字だけを追って利用の条件などを読み飛ばしてしまう事が多いぜ。

利用の条件などには、お金を借りることのできる年齢が書かれているはずさ。その年齢に該当しない場合は、申し込んだとしても融資を受けることはできないぜ。結果的に、申し込みフォームに記入して送信する行動が無駄になってしまうのさ。

スムーズに即日融資を受けるために、申し込み前には利用条件に目を通すことをおすすめするぜ。年齢だけではなく他にも申込資格があるかもしれないからな。申し込み前に少し時間がかかるが、少しでも早くお金を受け取るためにはしっかりと読んでおこう。

 

 

 - 即日キャッシングについて