俺のキャッシング

Just another WordPress site

女性キャッシングの申請について

   

女性のキャッシングと聞くとなんだか特殊な感じもするが、基本的に申し込みから申請の流れまでは一般のキャッシングとほとんど同じだぜ。女性にメリットがある女性のためのキャッシングサービスだが、申し込みの時点でミスをしてしまうと借りられない可能性も出てくるぜ。

そのため、ここでは正しいレディースローンの申し込み方法をまとめているぜ。これからレディースローンを利用しようと思っている女性は、このページを見て申し込んでくれ。

申し込みの流れについて

お金を借りようとしている女性の多くは、絶対にキャッシングサービスを利用していることを他人に知られたくないと思っているはずさ。女性のためのレディースローンはそのようなことも配慮しているため、インターネットから申し込みをするのが一般的になっているんだぜ。

パソコンや携帯電話からインターネットを使って申し込みをすることによって、誰にも会うことなく自分の指定した口座にお金を振り込んでもらうことができるのさ。また、直接店頭に行くよりも短時間で融資してもらえるため、単純に早くお金がほしいという人にもメリットがあるぜ。

そうなると店頭の申し込みにメリットがないと感じられる人もいると思うぜ。確かに人に見られるリスクを追うのにわざわざお店に行きたくないと思う人も多いはずだが、店頭の場合はその場で契約書への署名や本人確認書類の提出が可能なので手間が省けるというメリットがあるのさ。

インターネット使った代表的な申し込みの流れ

1、申し込み

利用しようとしているキャッシング会社のホームページに行ってくれ。そこで申込フォームを開いて、必要事項に記入をするのさ。同意書を呼んで納得できた人は、その申込フォームを送信だ。基本的にはそれだけで申し込みが完了するんだぜ。

2、審査

申込フォームを受け取った業者は、そのフォームを元にして申込人を審査することになるぜ。この時点で信用記録に問題がある場合は落とされることもあるが、基本的には通過する人のほうが多いはずさ。また、業者によってはここで直接本人に電話をしてくるぜ。

3、融資

審査が終わったら、その合否が伝えられるぜ。融資が可能な状態になった場合は、こちらが指定した金融機関にお金を振り込んでもらえるのさ。即日融資が可能な業者の場合は、その日のうちに振り込まれるんだ。

4、契約書

レディースローンの業者は、お金を振り込んだら利用者の住所に郵送で契約書などを送ることになるぜ。利用者はその契約書を確認して必要事項を記入することになるのさ。

5、返送

契約書を完成させたら、今度はその業者に返送することになるぜ。返送時に本人確認書類のコピーなどが求められることもあるから業者の指示に従ってくれ。契約書を送り返したら、ここで一旦手続きが終わったことになるのさ。

6、返済

借りたお金は、当然返さなければならないぜ。契約時に決めたルールに従って、毎月必要な額を返済していってくれ。全て返済し終わったら完済となるぜ。

 

申し込みに必要な書類

申し込みをする際には、必ず個人を証明する書類の提出が求められるぜ。それでは、個人証明書類にはどのようなものがあるんだ?

絶対に必要な個人証明書類

個人を証明する書類として代表的なものは、なんといっても運転免許証になるだろう。車はあまり運転しないが免許証だけは持っているという女性も少なくないんじゃないのか?写真や住所の記載がある運転免許証は、最も便利な個人証明書類といえるだろう。

もちろん運転免許証を持っていない人もいるはずさ。そんな時には、健康保険証やパスポートなどを提出するのもいいだろう。仮にそれらがないという人であっても、住民票を持っていけば普通に対応してもらえるはずさ。

しかし必要な提出書類は、業者によって異なることがあるぜ。一応利用する前に何が必要なのかを業者に確認しておこう。

収入証明書類について

お金を借りる際には、収入証明書類が必要だと不安になる人もいるんじゃないのか?しかし、これも業者によって異なるが、基本的には借入金額が50万円未満であれば収入証明書の提出は求められないことが多いのさ。

それでは、収入証明書とは一体何なのだろうか?一般的に収入証明書類に該当するのが、最新の源泉徴収票か申し込み間近の数カ月分の給与所得証明書、もしくは最新の確定申告書などになるんだ。

50万円以上の借入の場合は、貸金業法によって年収を証明する書類の提出が義務付けられているから必ず提出しなければならないぜ。しかし業者によっては50万円未満の場合であっても提出を求めてくることがあるから、必要だと言われたら提出しなければならないのさ。

申し込みの注意点

このように、女性用のレディースローンであっても、簡単に申し込みを済ませてしまうことができるぜ。しかし、簡単だからといって適当にこなしていると審査で落とされてしまうこともあるのさ。だから、ここでは申し込みの際の注意点を教えておこう。

嘘をつかない

まずは当たり前のことだが、申込フォームで嘘をつかないようにしなければならないぜ。人間は誰であっても、自分のことを少しでもよく見せたいと思っているはずさ。そのため、申込フォームの年収欄や勤続年数欄を多めに書いてしまう女性も少なくないようだぜ。

もちろんその嘘をついても問題なく借りられることもあるんだが、普通はバレてしまうのさ。個人情報は信用機関に登録されることになり、金融業者はその情報を共有することができるんだ。ついた嘘を忘れてしまったりするとあっという間に見ぬかれてしまうから、それならはじめから嘘をつかないほうがいいはずさ。

短期間に複数業者に申し込まない

同様に、同時に複数のレディースローンに申し込むのもやめておいたほうがいいだろう。レディースローンと言ってもいくつかあるため、その中の1個に決めるのが難しいと悩んでいる人もいるだろう。また、1つの業者だけだと落とされるかもしれないから不安だという人もいるはずさ。

しかし業者は、複数の業者に同時に申し込むということはよほどお金に困っているに違いないと捉えるんだ。そして、そんな返済能力のない人間にお金を貸しても返ってこないのではないかと、審査に落とされてしまうことになるのさ。

多重申し込み者に関しては、申し込みブラックという言葉があるほど審査が厳しくなるのさ。こちらはそんなつもりで複数の業者に申し込んでいるのではないと思う人もいるはずだが、複数の業者への申し込みは信用情報機関に記録が残ってしまうので避けたほうがいいだろう。

記録が残るということは、落とされてすぐに申し込んだとしても同じように審査で落とされてしまうということさ。実際に複数の業者で借り入れする必要がある場合は、1社の審査に通ってから数ヶ月おいて2社目に申し込むなどすれば全く問題ないぜ。

申込フォームに正しく書き込む

基本中の基本だが、申込フォームでの誤字は避けるようにしなければならないぜ。例えば業者から電話がかかってくるはずなのに、登録した電話番号が間違っていたら連絡の取りようがなくなってしまう。結果的に審査を受ける前に落とされてしまうということにもなりかねないぜ。

また、勤務先の電話番号や現住所などを間違えて書いてしまっても、わざと嘘を書いているんじゃないのかと思われてしまう可能性があるぜ。そうなると審査の際に不利になってしまうから、申込フォームに入力したら送信前にしっかりとチェックするようにしよう。

 

 

 - 女性のキャッシングの基礎知識