俺のキャッシング

Just another WordPress site

キャッシング アルバイトしてるならここから バイトしていなくても利用できるのか?

   

キャッシング アルバイト

※お前はアルバイトをしているか、していないか?

しているなら俺の学生ローンのランキングを見てくれ。

この記事はバイトしてない奴向けの記事さ。

 

 

 

学生であっても、アルバイトをしていれば学生ローンを利用することができるぜ。シフト制のバイトだけではなく、派遣での短期バイトや単発バイトをしている人であっても、安定した収入があるのであれば学生ローンでお金を借りることができるのさ。

それでは、アルバイトによる安定した収入のない学生、つまりアルバイトをしていない学生の場合はどうなるんだろう?学生の中には、アルバイトなしで生活している人もいるんじゃないのか?そういった学生でも、お金を借りたいと思うことがあるはずだ。

結論から言うと、アルバイトで収入のない学生は学生ローンを利用することができないぜ。しかし、それでも借りてしまう学生は多いようだな。それは、学生ローンにはアルバイト先への在籍確認がないものがあるからさ。

しかし、収入がないのだから借りたお金を返すことはできないぜ。非常に危険なことだから、やめた方がいいだろう。

収入のない学生はお金を借りられない

学生ローンは、一般のキャッシングと比べると審査が甘いと言われているぜ。そのため、例え毎月の収入が少なかったり仕事の量が安定していなかったとしても、月々の収入がしっかりとしていればお金を借りることができるのさ。

しかし、収入のない学生は法律でもお金を借りられないことになっているのさ。そのため、アルバイトをしていない学生に学生ローンを利用する資格はないぜ。

お金の貸し借りの際に出てくる法律が、賃金業法だ。その中の総量規制は、年収の3分の1までしか借りることができないという規制だ。例えば年収が60万円の人は20万円まで、年収が90万円の人は30万円まで、そして年収が0円の人はその3分の1の0円ということさ。

つまり、年収がないにもかかわらずお金を借りるという行為は違法とも取れるわけだ。しかし、学生ローンの専門業者は年収を調べるようなことはしないぜ。だから、年収を偽ってお金を貸しつけてもらう学生も少なくないのさ。

虚偽申告で学生ローンの利用

勤務先への在籍確認や、収入報告について、虚偽の報告をしたらどうなるのか?もちろんおすすめはしない。

それだけお金に困っている事情も察するけどな。

虚偽申告のデメリット

虚偽申告は当然いけないことだが、いけないと言ってもやめるヤツは少ないだろう。いけないことがわかっているにもかかわらずやっているヤツが多いから、虚偽申告をするデメリットについて説明してやろう。

最大のデメリットは、なんといっても返済できないということさ。借りたお金は当然返済しなければならないぜ。そして、返済するためには何らかの収入が必要になってくるぞ。しかし収入がないのであれば、返済に充てる資金もないということだ。

仕送りと学生ローンについて

中には、親からの仕送りのみで生活しているという学生もいるだろう。仕送りは自分で稼いだ年収には含まれないから、仕送りで生活している学生も同様に学生ローンを利用することはできないぜ。

しかし、仕送りが少し足りないからという理由で、学生ローンを利用したいと思うヤツもいるんじゃないのか?ただし、一回それをしてしまうとその後その生活から抜けられなくなることが多いからやめておいた方がいいぜ。

例えば仕送りが10万円あったとして、少し高い買い物をしたから15万円必要になった場合は、5万円足りなくなるぜ。そして、アルバイトをしていないにもかかわらず学生ローンから5万円を借りたとしよう。

仮にその5万円を翌月一括で返したいと思った場合は、その翌月は5万円で生活するしかなくなるぜ。また、1万円ずつ返そうと思っても、今まで10万円で生活をしてきたヤツが9万円で余裕のある生活を送れるとは思えないぜ。

だから結局、翌月以降も不足して困ったことになってしまうことが多いのさ。最終的に返済ができなくなり、余計に遅延損害金を支払わなければならなくなる。そして、ブラックに載ってしまいその後の借り入れができなくなるといった悲惨な状況に陥ることもあるぜ。

収入がない学生の対策について

アルバイトをしていないのに学生ローンを利用したいと思うということは、お金が必要だということだ。仕送りで生活を送っているという人は、まずは親に聞いてみてはどうだろうか?学生なんだから甘えるのも悪くはないと思うぜ。しかし、それができないのであれば他の方法を考えよう。

学生ローン業者の対策

学生ローンでも、アルバイトをしていない学生への融資を制限する対策が取られているぜ。通常は年収証明書の提出は必要のない学生ローンだが、50万円を超える融資の場合はその証明書類を提出しなければならないのさ。

学生の場合は数万円程度を借りることが多いから、そんなに少額の貸付にわざわざ年収証明書の提出を求めていたら大変だ。だから50万円以上に限られるんだが、一応額に応じて年収証明書類の提出が必要になってくるのさ。そのため、アルバイトをしていなければ大金は借りられないぜ。

アルバイトを始める

そもそも、アルバイトをしてお金を稼いでいないのに学生ローンを利用しようなんて考えが甘いんじゃないのか?全くアルバイトをしていないのであれば、一度働いてみたらいいと思うぜ。

もちろん人によって事情が異なるから、中にはアルバイトができないという人もいるのかもしれないな。しかし、お金が必要でアルバイトをしていないのであれば、普通はアルバイトをしようと考えるんじゃないのか?

お金がないから借りようというのは、アルバイトをしている人間の考えだ。お金がないのであれば、まずはそれを自分で生み出すように考えるようにした方がいいぞ。

 

 - 学生ローンの疑問点