俺のキャッシング

Just another WordPress site

自己投資にキャッシング

   

学生の本業は勉強だ。でもずっと勉強をしている学生なんて、ほんの一握りだぜ。頑張って遊んでいる学生もいるし、頑張ってお金をためている学生もいるだろう。時間の使い方は、人によって異なるのさ。

有意義な時間の使い方の1つに、自己投資が挙げられる。自己投資とは、自分を磨き上げるために行う、自分自身への投資のことさ。株などに投資するわけではなく自分に投資をするわけだから、100%自分のためになるのさ。

例えば大学生の場合は、自身の通う大学の学費を自分で支払うのも自己投資の一種だな。また、学校以外の資格の学校に通ったり、グローバル社会で活躍するために英語の勉強をするのも自己投資と言えるだろう。

大学の学費

学生を続けるにはお金がかかるぜ。小学校、中学校は義務教育だが、高校からは進学するか就職するかを選択することができる。そして、高校を卒業してからの進路には様々なものがあるぜ。

しかし、その多くを占めるのが進学だろう。大学から専門学校まで、進学先は人によって異なるが、とりあえず進学したいという学生も含めれば進学希望者は多いのさ。しかし、学校に行くためにはお金を支払わなければならない。

親に払ってもらうのが当たり前だという人もいるが、中には自分で学費を稼いでいるすごいヤツもいるぜ。そんな学生の味方が、奨学金制度や教育ローンになるのさ。

奨学金とは、学力が優れているにもかかわらず経済的に進学が難しい学生に対してサポートをする制度のことだ。教育ローンは、政府系の金融機関が扱うローンのことさ。奨学金は基本的には学生に対して、教育ローンは保護者に対して貸付を行うことになるぜ。

そして学生ローンは、学生本人からの融資の申し込みを受け、学生に直接融資を行うローンのことだ。学費に利用する場合は特別な金利が使われることが多いから、お得にお金を借りることができるのさ。

資格の学校の学費について

例えば、大学に通いながら何らかの資格が取りたくなったという学生もいるだろう。そういった場合は、大学とは他に資格の学校などに通うこともできるぜ。在学中から将来のことを考えて自分のために投資をするのは素晴らしいことだな。

しかし、当然ながら資格の学校にも学費を納めなければならないぜ。簡単な資格であればすぐに取れてしまうものもあるが、税理士や弁護士をはじめ、取得に何年もかかるような資格も存在するのさ。

資格には国が認めたものから民間のものまで様々なものがあるが、時間がかかるものほどトータルの学費も高くなっていくぜ。そして、試験にもお金がかかるから、そのお金がないという学生もいるだろう。

学生ローンはそんなときにも利用できるぜ。資格を取るために学校に通うだけでなく、必要な資料をまとめて購入したり教材を取り寄せたりするのも、自己投資の1つさ。学生ローンを利用して、賢く勉強していこう。

英会話を習得する

最近は、英語が話せて当たり前だという風潮があるみたいだな。しかし、国際社会の中では日本人はまだまだ英語が苦手な民族として知られているぜ。日本で生活する分には日本語だけで十分だが、特にビジネスシーンでは英語ができないとまずいことも多いみたいだ。

学生の時期には、そんな英語を勉強するのにもってこいだぜ。本当は小さなころから勉強するのがいいみたいだが、時間に余裕のある学生であれば柔軟な頭を利用して本場の英語を身に付けることもできるだろう。

しかし、英会話学校にもお金がかかる。入会金がかかるところもあるし、最初に授業料をすべて支払わなければならない学校もあるんだ。お金に余裕がある学生であればいいが、英会話教室は意外と高いところが多いはずさ。

英語を勉強したいのに勉強するお金がないという人は、学生ローンを利用してみてはどうだろうか?学生ローンであれば、最初にかかるお金を全て負担してもらえるはずさ。高すぎる授業料を全て負担することはできないかもしれないが、一部をまかなうことはできるだろう。

英語が使えれば、将来的に様々なビジネスにつなげることができるぜ。国内だけでなく世界を渡り歩くような仕事ができるかもしれないしな。そんな未来を夢見ているならば、学生のうちから自分に投資するべきだぜ。

 

 

 

 

 

 - 学生ローンの使用目的