俺のキャッシング

Just another WordPress site

学生ローンの金利は高いのか?

   

学生ローンを利用する際には、金利を気にする人も多いんじゃないのか?学生向けだから低金利だと思っている人も多いが、実は学生ローンの金利は低くはないんだぜ。

実際に、銀行のローンなどと比べてみるとその違いが分かるが、若干高めに設定されているのさ。具体的には、実質年利が15%~18%となっているんだ。

この金利は、大手の消費者金融などでお金を借りるケースとほとんど変わらないんだぜ。学生ローンは学生でも気軽に利用できる便利なキャッシングサービスさ。でもその代わりに高い利息を支払わなければならないというわけだ。

学生ローンのメリットとデメリット

学生ローンは、学生でも気軽に利用できるという反面、金利が高いというデメリットがある。そのため、いざお金を借りたいと思ってもその利用をためらってしまう学生もいるんじゃないのか?それでは、金利はなぜ高いんだろう?

学生ローンのメリット

学生ローンは、学生であってもすぐに簡単にお金を借りることができるぜ。銀行から貸し付けてもらう際には、厳しい審査を通過しなければならない。また、勤務先への在籍確認も必要になってくる。

銀行からのキャッシングは金利が低く設定してある分、これらの条件をクリアしなければならないんだ。その点学生ローンは、在籍確認もなければ審査も比較的緩めだ。

在籍確認をしないということは、踏み倒しのリスクが上がることになるし、実際には働いていない学生でも借りることができるから延滞のリスクも高まるぜ。

学生ローンのデメリット

そのリスクの分があるから、金利を上げることによって収益を確保しているのさ。これが、学生ローンの金利が高い理由だな。

同じ簡単に借りられる闇金などとは異なり、消費者から有り金を全部巻き上げてやろうという考えから金利が高くなっているわけではないぜ。学生だから高くてもいいだろうと思って高くしているわけでもないのさ。

理由がわかってしまえば、安心して学生ローンを利用することができるんじゃないのか?たとえ金利が高かったとしても、必要な分だけお金を借りて計画的に返済すれば、何の問題もないぜ。

学生ローンの金利とその他のキャッシングの金利

学生ローンの金利は、銀行カードローンと比較すると高めに設定されているぜ。しかし、CMなどでも有名な大手の消費者金融と比べると、金利はほとんど変わらないぜ。業者によっては、大手よりも低い金利を提供しているところもあるのさ。

銀行でキャッシング

それでは、銀行のカードローンとは何なんだ?銀行のキャッシングは、銀行が提供する小口融資のことさ。中には金利が10%以下のサービスもあるくらいだから、お金を借りたい人にとってはありがたいキャッシングと言えるだろう。

しかし、金利が低い分審査も厳しいぜ。社会人であってもその審査に通過するのが大変なのに、学生が通過することはほとんどないだろう。定職についていない学生にとっては、銀行のキャッシングはまだまだ敷居が高いのさ。

学生でも利用できる銀行の融資に、教育ローンというものがあるぜ。しかし、これは学生を対象にお金を貸しているのではないのさ。対象者はその学生の保護者だ。そのため、やはり銀行のキャッシングは使えないと考えておいた方がいいだろう。

大手の消費者金融でキャッシング

学生ローンの金利は、業者やプランなどによっても異なると思うが、一般的に15%~18%だと言われているぜ。一方で、大手の消費者金融では、例えば4.0%~18%など、金利に大きな幅があるのさ。

金利が4%だったらめちゃくちゃいいじゃないかと思う学生もいると思うが、基本的には最大金利の18%になると思っておこう。学生が利用するのは50万円未満の少額融資であることが多いから、高い金利が付くことになるのさ。

大手の消費者金融で低い金利を利用するには、大口の融資が必要だ。しかし、年収の3分の1までしか借りることができないという決まりがあるから、例えば100万円借りるにしてもアルバイトで300万円稼いでいなければならないぜ。

 

そう考えると、大手の消費者金融を利用するよりも学生ローンを利用した方が金利が安くなることがある。学生であれば、やはり学生ローンを利用するのが一番いいんじゃないかな?

学生ローンを使う際に、その利用目的が学費の場合は割引利率でお金を貸してくれる業者が多い。また、学生であっても審査に通りやすいという大きなメリットがある。それらを総合すると、学生がお金を借りたいと思ったらまずは学生ローンに頼ってみるのがいいんじゃないかな?

 

 - 学生ローンの疑問点