俺のキャッシング

Just another WordPress site

学生ローンの返済の仕方について

   

学生ローンでお金を借りたら、当然少しずつ返済していかなければならないぜ。しかし、特に初めて利用する人は、返済方法がわからないんじゃないのか?

大手の消費者金融とは異なり、学生ローンは返済方法が限られていることが多いぜ。一般的に学生ローンの返済方法として使われることが多いのが、銀行振り込みさ。また、来店での返済などに対応している業者もあるぜ。

銀行振り込みでの返済について

学生ローンの返済には、銀行振り込みが使われることが多いぜ。銀行振り込みが使われるというよりは、銀行振込しか選べないといった方がよいのかもしれないな。

銀行振り込みの理由

例えばアコムやプロミスなどの、学生でも利用可能な大きな消費者金融を使うのであれば、返済方法はいろいろ選ぶことができるはずさ。しかし、学生ローンの専門業者からお金を借りる場合は、銀行振り込みしかできないこともあるんだぜ。

というのは、学生ローンの専門業者は大規模に活動しているわけではないからさ。そのため、そこらじゅうに提携しているATMがあるというわけではないし、コンビニから支払いができるというわけでもないんだ。

銀行振り込みの方法

それでは、銀行振り込みはどのように行えばいいんだ?銀行振り込みの方法自体がわからないという人はほとんどいないと思うので、ここでは割愛させていただくことにするぜ。ローン業者の銀行振り込みにどう対応するのかを紹介していこう。

普通は、その利用した業者が指定する期日に振り込むことになる。もしくは、業者によっては、利用する前に返済日を話し合って自分で自由に選択できるところもあるぜ。

例えば給料日はアルバイトによって異なるだろう?15日が給料日の場合は振込日を15日にしたり20日にしたりすることができるのさ。自分で返済日を決められた方が、このように何かと便利だな。

しかし、毎月の支払日が平日ということはないだろう。土日は銀行の業務がストップするため、15日に振り込むと決めていて15日が土曜日の場合、着金は月曜の17日ということになるぜ。

恐らくローン会社も17日に振り込まれていればいいとすることが多いと思うさ。でもここは礼儀として、休日前の平日に振り込んでおくようにするべきだぜ。そっちの方が信頼度アップにつながるからな。

銀行振り込み以外の返済方法について

基本的には銀行振り込みで返済することになる学生ローンなんだが、業者によってはそれ以外の返済方法に対応しているところもあるぜ。しかし、業者ごとに異なるため、申し込みや審査の段階で返済方法もチェックしておくべきだな。

来店での返済について

学生ローンの専門業者によっては、来店での返済に対応しているところもあるんだぜ。しかし、基本的に学生ローンの業者は東京に集中しているため、地方の学生が来店返済するのは現実的ではないだろう。そのため、必然的に銀行振り込みや現金書留ということになる。

しかし都内やその周辺に住んでいる学生であれば、来店で返済することも可能だろう。まずは業者に来店返済をやっているかどうかを確認し、店舗がどこにあるかを調べたうえで、来店返済してみよう。

現金書留での返済について

現金書留とは、要するに郵送のことだな。しかし、郵便物を送るわけではなく現金を送ることになるから、単純な返済額とは別にお金がかかってくるぜ。

まずは、現金用の封筒代を購入し、100円前後の送料を支払わなければならないぜ。さらに、届かなかったときのための補償として、400円強の特殊料金も払う必要があるのさ。だから、返済額とは別に500円~600円程度余分に支払わなければならないんだ。

また、現金書留を利用する場合は、ローン業者に届くまで時間がかかるということも計算に入れたうえで送らなければならないぜ。振り込んだらすぐに確認できる銀行振り込みとは違うから、余裕をもって送るようにするべきだな。

 

このように、銀行振り込み以外にも対応してもらえる返済方法はあるのだが、やはり銀行振り込みがいいと思った学生が多いんじゃないのか?他の方法で返済したいのであればその方法を使ったらいいと思うが、学生ローンを利用するうえで最も便利な返金方法は銀行振り込みだと思うぜ。

 

 - 学生ローンの返済について