俺のキャッシング

Just another WordPress site

学生ローンの保証人と担保について

   

お金を借りる際には、保証人や担保が必要だと聞いたことがある人もいるんじゃないのか?でも学生なのにお金を借りるための担保があるという人はほとんどいないだろう。また、家族にバレたくないから保証人をたてたくないという人も多いはずさ。

しかし、基本的に学生ローンは保証人や担保なしで利用することができるのさ。そんな煩わしいシステムなど無視して、気軽にお金を借りることができるのも、学生ローンのメリットの1つと言えるんじゃないのか。

担保と保証人は必要ない

学生ローンは、「学生」という言葉が入っているものの、キャッシングの一種であることに変わりはないぜ。そして、キャッシングというのは保証人や担保などを必要としない小口融資のことを指すのさ。

要するに、キャッシングである学生ローンを利用するために担保や保証人を用意する必要はないということだぜ。担保や保証人と聞くと面倒なイメージもあるが、そういったものを省いてお金を借りることができるのさ。

キャッシングの中でも、学生ローンは審査の面において簡素化されたサービスだといわれているぜ。だから、学生であっても利用することができるのさ。

保証人とは?

保証人とは、借りていたお金が返せないとなった時に、その借金の肩代わりをしてくれる人のことを指すんだぜ。そのため、親ならともかく、友人や親族に保証人になってもらうのはなかなか大変なのさ。

奨学金などを借りる場合には、連帯保証人をたてる必要があるのさ。本人に返済する意思があったとしても、万が一の時にはその責任を負わなければならないため、保証人になる・ならないで揉めたりすることもあるんだ。

担保とは?

担保というのは、保証を人ではなく物にかけるシステムのことさ。実際に、担保は物上保証とも呼ばれるぜ。お金を返すことができなくなった時に、その担保となっているものが没収されることになるのさ。

学生ローンなどのキャッシングでは担保は必要ない。しかし、例えば住宅ローンを借りる際には土地や家などを担保に入れなければならないぜ。

なぜ保証人や担保が不要なのか?

学生ローンでは、保証人や担保なしでお金を借りることができるぜ。それでは、どうして何の保証もせずにキャッシングすることができるんだ?

融資額の上限が低いため

その大きな理由の1つとして、融資限度額が低く設定してあるからというものが挙げられるぜ。学生ローンでは、基本的に50万円以下の小口融資ばかりを取り扱っているのさ。

しかし、実際に50万円を借りる人はあまりいない。数万円だけ借りるという人が多いんだぜ。そんな少額だから、返済できなくて困るという人が少ないといわれているのさ。お金を返す人が多いんだったら、保証人や担保をたてる必要もないというわけさ。

金利の設定が高いため

学生ローンは、保証人や担保が必要な銀行の融資と比較すると金利が高く設定されていることが多いのさ。業者によって金利は異なるが、実質年利で15%~18%だぜ。

もちろん全額を返してもらうつもりで貸し出すんだが、例え貸したお金を回収することができなかったとしても、利息だけで大きな利益を出すことができるのさ。利益があるのであれば、あえて保証人や担保をたてることもないのさ。

保証人や担保をたてないメリットについて

学生の中には、保証人をたてずにお金を借りたいという人の方が多いんじゃないのか?ツレならともかく、親やバイト先、学校などに知られずにお金を借りたいというヤツが大半を占めるみたいだぜ。

そんな時に利用できるのが、学生ローンだ。保証人が必要ないということは、それだけ気軽にお金を借りることができるということなのさ。

保証人が必要となると、まずは親、それから兄弟、親族などに相談することになる。そして、友達に保証人をお願いして友情関係にひびが入ることもある。それらを考えると、保証人が必要な融資など受けたくないと感じる人の方が多いんじゃないのか?

学生ローンを利用すれば、誰にもバレることなく、保証人や担保不要でお金を借りることができるんだ。お金を借りることが周りにバレないのであれば、誰でも気軽に融資を受けることができるんじゃないかと思うぜ。

 - 学生ローンの申込について