俺のキャッシング

Just another WordPress site

考えられるデメリットと解決策

   

学生ローンは、学生であっても利用できるキャッシングだぜ。学生ローンをうまく利用すれば、様々なメリットを得ることができるのさ。しかし、逆に学生ローンがデメリットとなってしまうケースもあるんだぜ。

キャッシングはいけないと考える人が多いが、このデメリットの部分を目の当たりにしてしまうとお金を借りるのはいけないことだという結論に達してしまうだろう。

でも大丈夫だ。俺の経験から、考えられるデメリットとその解決方法を紹介していくぜ。俺のアドバイスを聞いてくれれば、デメリットと言われている部分もデメリットにはならないさ。

むしろ、このデメリットの部分に気を付ければ、キャッシングにはメリットしか残らない。デメリットを知ることが、キャッシングをうまく利用するコツでもあるのさ。

本業に大きな影響を与える

お金を借りたら、今度はそのお金を返さなければならないぜ。これは当たり前のことだが、これを甘く見ると本業である学業に専念できなくなってしまうのさ。

学生ローンを利用し続けたら、当然その分返す額も増えることになる。返す額が増えたら、その分お金を稼がなければならない。

学生がお金を稼ぐにはどうしたらいいか?答えはアルバイトだ。お金を返すためにたくさんアルバイトをしなければならないような状況になってしまうと、勉強できなくなってしまうぜ。

キャッシングがどんどんと増えていくと、お金を返すために授業を休み、単位が取れなくなって留年してしまうというようなケースもあるんだ。

対策

学生ローンではすぐにお金を手に入れることができるが、そのお金は少しずつ返していかなければならないということを覚えておかなければ駄目だぜ。

お金を借りる前に、今のバイトのペースで無理なく返済できるかかどうかを確かめてくれ。もしくは、学業に影響を与えない程度にバイトを増やすのならば問題ないだろう。

また、お金が無くなったらすぐに学生ローンに頼るのもあまりお勧めできない。癖になってしまうと後からが大変だから、最後の奥の手として利用するのがいいのさ。

金銭感覚がマヒしてしまう

昔から貧乏学生という言葉があるが、学生はお金がなくて当たり前なのさ。だって学生は勉強する職業だからな。

しかし、お金はないが時間があるのが学生だ。そんな時間のある学生がお金を手に入れたらどうなってしまうのか?時間の許す限りお金を使ってしまうんじゃないのか?

学生ローンは、簡単にお金を借りることができる。大金を借りた日には、万札が何枚も財布に入っていることになるが、それを見るとついつい使ってしまうんじゃないのか?

そのお金を使うという行為が当たり前になってしまったら大変だぜ。どんどんとお金を借りてさらにお金を使うという悪循環にはまってしまう可能性もあるぜ。

対策

何のためのお金を借りるのかを明確にしておいた方がいいぜ。そして、それ以外のものにお金を使わないように気を付けるべきだな。

お金を持つと、今まで1食に300円しか使っていなかったのに1000円のものを食べるようになる。でも贅沢するためにお金を借りるわけじゃないだろう?

卒業旅行の資金が足りないなら、それのためだけにお金を借りるようにするといいぜ。免許を取るためのお金がないのなら、免許代だけを借りるんだ。そうすれば金銭感覚は壊れないさ。

家族にバレるというリスク

学生の中には、ローンを利用する際に家族にバレたくないと思っている人も多いだろう。学生ローンでは、基本的には借りたことを秘密にしてもらえるのさ。

だから、普通に使っていれば家族に連絡がいくことはないんだ。しかし返済が滞ったりした場合には保護者である親に連絡がいくことになる。

これは当たり前のことだろ?ツレに貸したお金が返ってこなかったら、そいつの親に連絡してでも取り返したいと思う奴は多いはずだ。

これと全く同じで、ローン会社もお金を返してもらうためには親に連絡をするしかない。それによってキャッシングしていることがバレて、家族で問題になってしまうこともあるのさ。

対策

この件に関しては、対策を言うまでもないよな?計画的に借りて計画的に返済をしていけば、家族にバレることは絶対にないのさ。

お金を借りるときに、この額なら何か月で返せる、というような具体的な計画を立ててみてくれ。そうすれば返済に困ることもなくなるはずだぜ。

 

 - 学生でもキャッシングをする方法