俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

電話での確認について

   

学生ローンの審査の1つに、電話でのヒアリングが挙げられる。インターネットでの申し込みが多い学生ローンだが、申込フォームを送信したら業者から電話がかかってくるのさ。そして、その電話での対応や内容なども審査の対象となるんだ。

それでは、電話では何を聞かれるのか?人によって聞かれる内容は異なるが、お金を何に使うのか、いくら貸してほしいのか、それから現在どれくらい収入があるのか、ということなどを話すことが多いぜ。

インターネットでの申込フォーム

学生ローンを利用するためには、最初にインターネットで申し込みをすることになるぜ。基本的には、その申込フォームに自分のすべての情報を書き込むことになる。そして、それをもとにして審査されることになるのさ。

申込フォームには、名前や電話番号、住所などの個人情報から学校情報、アルバイト先の情報などを入力することになるぜ。また、学生ローンを利用するにあたっての、希望の利用額や利用目的などを記入する欄もあるはずさ。

重要な審査である電話

しかし、審査はそれだけでは終わらないぜ。申込フォームを見つつ、本人に確認の電話がかかってくるんだ。そして、その電話でのヒアリングも重要な審査の1つなのさ。

ちなみに、親や友達といるときに電話がかかってくると困るという人もいるだろう。申し込みの段階で電話の時間を指定することもできるから、希望時間を伝えておくと便利だぜ。もしくは、こちらから業者に電話をかけることもできるぞ。

電話先について

最近は携帯電話を持っていない学生などほとんどいないと思うが、もちろん携帯に電話してもらうこともできる。特に実家暮らしの学生は、固定電話に電話がかかってくるのを嫌うだろう?すべて指定できるから安心してくれ。

電話は本人にしかかかってこない。アルバイト先や学校の情報も記入しなければならないが、学生ローンの場合は在籍確認が必要ないから、基本的には本人の電話しか鳴らないのさ。

電話で聞かれることは?

学生ローンを利用するためには、業者と電話をしなければならないということがわかったと思う。それでは、その電話ではどのようなことを聞かれるんだろう?

利用方法について

人によって借りたい額は異なるし、利用目的も違うはずだ。電話では、まずは利用希望額を聞いて何に使うのかをはっきりとさせる。そして、実際に借りてから返済までの流れを説明されるのさ。

色々なことを聞かれるから、予めいくら必要なのか、利用目的は何なのかをしっかりと決めておくように。利用するローン会社のホームページをしっかりと見ておくと、話を理解しやすいぞ。

電話での審査について

電話では、単に利用の流れやシステムなどを説明するだけではないぜ。利用方法を説明しつつ、電話ごしに審査をしているのさ。会話の内容がおかしかったり利用目的が曖昧だったり、もしくは嘘をついていると思われたりすると、審査に通らないから気を付けてな。

電話での対応について

電話で細心の注意を払ってほしいのは、学生ローンの利用目的だ。利用目的が曖昧だと、なんかあやしいと思われてしまう可能性がある。そうなると審査に落ちてお金を借りられなくなってしまうぜ。

落ち着いて会話をする

電話をする学生の中には、緊張して相手の話をよく聞くことができなかったりしどろもどろになってしまったりする人もいるぜ。キョドってしまうとそれが相手に伝わり、相手はこちらが変な人間だと勘違いしてしまう。

しかし、悪いことをやっているわけではないし後ろめたいこともない。お金が必要なのであれば、堂々と真実を伝えてやればいいさ。自信をもって話をすることで、誠実な人間だと判断されることもあるぜ。

嘘をつかない

利用目的を聞かれたときに、とっさに嘘をついてしまうヤツもいるみたいだな。しかし、悪いことは言わないから嘘はやめとけよ。嘘をついてもバレてしまうことが多いし、バレてしまったらお金を借りることはできないぜ。

例えば、嘘ばかりをつくヤツにお金を貸したいと思うか?嘘つきは泥棒の始まりなどという言葉もあるが、嘘をつくヤツ=信用できない、そして、信用できない=お金を返さないだ。嘘をつくと当然相手も同じことを考えるから、嘘はやめておいた方がいい。

無意識の嘘について

中には、利用目的を聞かれて学費に使うなどと言ってしまう人もいるようだ。何かがほしいからお金を借りるはずが、学費といった方がイメージがいいからという理由で無意識にいい方に嘘をついてしまうみたいだぜ。

しかし、学費に利用する場合は特別金利になることもあるし、そのためには授業料の請求書などが必要になる。そうなるともう後戻りはできないぜ。そうならないように、利用目的は申し込みの段階から明確に固めておくようにしよう。

 

 - 学生ローンの審査について