俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

返済期日に遅れそうな場合

   

キャッシング業者からお金を借りたら、当然だが少しずつ返済していかなければならないぜ。借りた額や返済期間などによって一回あたりの返済額は変わってくるが、借入の段階で月々の返済プランなどを作るはずだから、決められた返済日までに決められた額を支払うことになるのさ。

返済日までに返済できないケース

借りたものをかえすというのは当たり前のことだし、決められた期日を守るというのも当然のルールだぜ。しかし、中には返済日までにお金を返すことができないという女性もいるだろう。入ると思っていたお金が入らなかったり、うっかりと忘れてしまっていたという人もいるはずさ。

また、予定外の出費によって返そうと思っていたお金を使ってしまうというようなケースもあるだろうし、単純にお金がないから返すことなどできないという人もいると思うぜ。そんな時には不安になる女性も多いと思うが、どのように対処すればいいんだろうか?

最も大切なのは、業者に正直に話すということだぜ。電話1本で済む話だから、返せない場合は素直に電話をして事情を話すようにしよう。できれば返済日の前までに、こういった事情で返せないから何日までには返済する、というような具体的な話をするのがベストさ。

返済期日までに決まった額の入金がなく連絡もないとなると、業者としてはこちらに返す意思があるのかどうかがわからないぜ。そして、そういった行動を取る奴の多くはできれば借りたお金を返したくないと思っている傾向にあるのさ。

うっかりしていて返済期日を忘れていたというのであればしかたがないのかもしれないが、業者との信頼関係をしっかりと作るためにも事前に連絡を入れておくのは重要な事なのさ。

連絡を入れて新しい返済期日を設けてもらえば、業者もそれまでは催促の電話をかけてくることがないはずさ。もちろん本来の返済日よりも遅れているため遅延金はかかってくるが、業者と良好な関係を続けていくためにも連絡はきっちりとしておこう。

連絡を放置した場合

返済が遅れる人は結構いるんだが、悪いことをしているようでなかなか連絡ができないという女性も多いみたいだ。実際に決められた期日までに返済しないのはこちらのミスだが、だからといって業者がいきなり職場に押しかけたり脅してきたりすることはないぜ。だから安心して連絡を入れた方がいい。

レディースローンを利用している女性であれば、電話対応も女性スタッフにしてもらえるはずだから、まずは1本電話をするべきだ。それでは、その電話をしなかったらどうなるんだろう?

例えば、返済日に返済が間に合わなくて明日振り込めばいいや、などと思っていると、返済遅延の連絡をするのが億劫になるぜ。また、忘れたふりをしていればなんとかなるだろうと思っている女性も少なくないようだな。

しかし、実はキャッシングにおいてはそのような考え方が最も危険だと言われているのさ。担保や保証人のないレディースローンを利用する場合は、個人の信用が大切になってくるぜ。そして、そのような行動はその信用をなくしていることになるのさ。

返済が遅れたら?

返済が遅れて最初にこちらに生じる物理的な被害が、遅延損害金と呼ばれる罰金だ。業者によってその額は異なるが、通常は20%程度の場合がほとんどさ。これは日割りで計算されるため、返済が1日遅れるごとに利息がドンドンと増えていくことになるぜ。

それから、返済が遅れることが、その後の新規借入に悪影響を与えることにつながるのさ。この女性にお金を貸してもすんなりと返ってこないとみなされてしまえば、業者としてもお金を貸したくないというのはわかるだろう。

ちなみに、一旦この状態になってしまったら、どこの業者を利用しようとしても結果は同じだぜ。個人の情報は信用機関に登録されているから、返済しない女性という情報が登録されて各業者で共有されているのさ。そのため、他の業者に新規で申し込んでも審査で落とされることになるんだ。

このようなことを避けるためにも、やはり遅れそうだとわかった時点で早めに業者に連絡を入れることが大切だな。もちろん連絡を入れたからといってペナルティーがなくなるわけではないんだが、連絡を入れるのと入れないのとでは業者のその後の対応が変わってくるぜ。

電話で返済の方法を相談してみる

実際にお金を借りるまでは、レディースローンが神様のようにみえるんじゃないのか?しかし一旦お金を借りて返済する段階になると、レディースローンとあまり関わりたくないと感じる女性も少なくないようだな。

これは誰しもが感じることなのかもしれないが、それでもお金を借りている以上は返済義務が発生しているから、完済し終わるまでは末永くお付き合いを続けていくことになるぜ。

さて、返済期日までに返済ができない場合は、業者に連絡を入れなければならないというのはわかったはずだ。実はその電話で、業者と返済についての相談をすることができるのさ。業者によって異なるが、臨機応変に対応してくれるところもあるので現状を素直に話してどうしたらいいのかを聞くといいだろう。

返済期日自体を変更する

業者によっては、返済日自体を変更してくれるところもあるんだぜ。例えば毎月15日に返済していたのに、仕事が変わって給料日が20日になったとするだろう。そんな時には15日に返済するのは大変だ。

もちろん15日に電話していきなり返済日を変えてくれというのは難しいと思うが、前もって電話をしておき返済日を25日に変更してほしいという旨を伝えれば、変えてくれる業者も多いはずだぜ。

返済額を減らしてもらう

また、その月の返済額を減らしてもらうという方法もあるぜ。今月は3万円返さなければならないんだが、3万円も返すと生活ができなくなってしまう。なんとか2万円にならないだろうか、というようなことを業者に伝えてみよう。

こちらも先ほど同様、返済日当日に相談をしても難しいかもしれないが、前もって電話をして現状を伝えた上で何とかならないかということを相談すれば、案外なんとかなったというケースもあるのさ。

業者もトラブルは避けたい

ここで覚えておいてもらいたいのが、業者も鬼ではなく感情を持った人間だということだ。全く返してもらえないよりは、相手の事情を把握した上で少しでもお金を返してもらいたいという業者や円滑に返済手続きを終わらせたいという業者の方が多いはずさ。

だから、業者としても今後の返済がうまくいくように一人一人の利用者の立場にたって物事を考えてくれるんだ。お金を借りた時点でレディースローンとは関わりたくないという女性もいるが、むしろ仲良くなったほうが自分のためなのさ。

 

 - 女性のキャッシングの悩み