俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

返済できない場合は?

   

学生ローンを利用する際には、事前に月々の返済日を設定することになるぜ。そして、毎月の返済日までに決められた返済額を支払わなければならないのさ。しかし、中にはその返済日にお金を払うことができない学生もいるようだ。

返済すべき日にお金を払うことができない場合は、当然遅延損害金が発生することになるぜ。業者によっては、滞納金や延滞金などと呼び名が異なることがあるが、要するに罰金のことだな。

さらに、支払いが遅れるとそれが事故記録として残ることになるぜ。滞納歴がある人間とみなされてしまい、個人的な信用に傷をつけることになるのさ。いったん事故記録として残ってしまったら、その後の借り入れに大きく影響してくるぜ。

返済遅延の罰金について

学生ローンを利用する限りは、そのルールに従わなければならないぜ。学生ローンの専門業者はたくさんあるが、共通のルールとして挙げられるのが、返済日までに必ず返済をしなければならないというものさ。

その決められた期日までに返済ができない場合は、遅延損害金というペナルティーを支払わなければならなくなるぜ。これは簡単に言うと罰金のことだが、通常の利息よりも高い利率で計算されることになる。

この遅延損害金は日割りで発生していくものになるんだぜ。つまり、支払いが遅れれば遅れるだけ罰金が大きくなっていってしまうのさ。それでは、遅延損害金を支払わないようにするにはどうすればいいんだ?

とにかく期日を守る

結論から言うと、遅延損害金を支払わなくてもよい方法は1つだけだ。それは、期限までにお金を返すというものさ。仮に業者に事情を伝えて返済を遅らせてもらえたとしても、普通は遅延損害金を払わなければならないんだぜ。

学生ローンの業者によっては、自分の好きな日に月々の返済日を設定することができるぜ。そして、毎月のその日までに必ず返済をしなければならないんだ。

返済日は月に1回やってくるぜ。仮に前月に2か月分支払ったからと言って、今月分が猶予されるというようなことにはならないのさ。確かに払えるときにたくさん払った方が金利が安くなるが、それが影響して遅延損害金を払っていては元も子もない。毎月払えるように、計画的に返済していこう。

遅延とブラックリスト

学生ローンを利用しようと思っているくらいだから、ブラックリストという言葉を聞いたことがあるんじゃないのか?キャッシングにおけるブラックリストとは、簡単に言うと信用できない人間ということだ。信用できないから、当然お金も借りにくくなる。

返済日までにお金を支払わない場合は、上記のように遅延損害金という余分なお金を支払わなければならなくなる。しかし、それだけではなく自分の信用も落とすことになるんだぜ。

1回程度は許してもらえることもあるんだが、返済日までに支払わない滞納歴がある人間だとみなされたら、信用情報機関のデータベースにブラックリストとして登録されてしまうこともあるのさ。

事故情報について

はっきり言って、安心できるキャッシング業者の場合は、このブラックリストに載っている人間にお金を貸すことはない。お金を借りることができるとしたら、闇金と呼ばれている業者になるだろう。だから、どっち道お金を借りる方法はなくなるってことさ。

学生ローンはもちろんだし、一般の消費者金融、さらには銀行のカードローンなどを利用することもできないぜ。キャッシングを上手に使いたいのであれば、確実に返済して信用を無くさないようにするしかないんだ。

ちなみに、この事故情報は、例えそのローンを返済し終えたとしても、5年間はデータとして残り続けるぜ。つまり、5年はお金を借りることができなくなってしまうということさ。

大学を卒業したら大きな買い物をするためにお金を借りようと思っていても、返済日を守らないようなヤツの場合は無理だからあきらめてくれ。そうならないように、確実に返済することさ。

学生ならではの考えの甘さ

例えば、大学のレポートを提出しなければならない時に、1日や2日遅れても大丈夫だろうと思っているヤツは多いんじゃないのか?実際に、それで何とかなるケースは多いと思うし、だからと言って罰を受けることも少ないんじゃないかと思うぜ。

しかし、それに慣れている学生がその気持ちで学生ローンを利用するのは危ないぜ。最もいけないのは、業者に連絡なしで遅延することさ。実際に、連絡をすれば返済を猶予してくれる業者も多い。

しかし、だからと言って遅延損害金が発生しないということはないはずだし、場合によっては信用情報にブラックリストとして登録されてしまうのさ。猶予というのは、仕方がないから取り立てを待ってあげるというだけであり、許されているというわけではないんだ。

学生ローンを利用するということは、社会のシステムを利用しているということだ。そして、社会に出たら学生の考えは通用しないぜ。自信がないというヤツは利用を控えた方がいいだろう。また、利用するなら責任をもって返済日前に返すことをお勧めするぜ。

 

 - 学生ローンの返済について