俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

常陽銀行カードローン「キャッシュピット」

   

金利 7.8%~14.80% 最大借入額 500万円
返済方式 借入金額残高リボルビング方式 遅延利率 15%(限度額100万円以上)
年齢制限 満20歳~69歳 保証人 原則不要

 

特徴

キャッシュピットは、常陽銀行が運営しているカードローンなのさ。一般のサラリーマンだけではなく、専業主婦やパートやアルバイトの人、または年金受給者であっても申し込むことのできるキャッシングサービスだから、幅広い人が利用できるといえるだろう。

特に、常陽銀行に口座を持っているのであれば、午後2時までの手続きで即日の融資が可能だから、持っている人にとっては非常に便利なキャッシングサービスだな。一般的な消費者金融と比べると、やはりカードローンなだけあって金利も低めになっているから利用価値は高いぜ。

金利

キャッシュピットの金利は、年で7.8%~14.8%となっているぜ。探せばさらに低金利のカードローンも存在するが、やはり消費者金融と比べると低めとなっていることが特徴的だぜ。最低金利は7.8%だが、初めて借りる際には基本的には最高金利の14.8%が適用されることが多いから注意してくれ。

利用限度額

基準金利

1万円以上~100万円未満

年14.8%

100万円以上~200万円以下

年12.0%

200万円超~300万円以下

年9.8%

300万円超~400万円以下

年8.8%

400万円超~500万円以下

年7.8%

限度額

キャッシュピットの利用限度額は、最大で500万円まっでとなっているぜ。他の銀行のカードローンを見てみると、1000万円まで借りられるようなところも存在するのさ。だからそれを考えると500万円は少ないと感じる人もいるかもしれないな。しかし、実際に1000万円が必要だから他の銀行を利用しようなどとは思わないんじゃないのか?

恐らく、まずは10万円や20万円が必要だから必要な分だけ借りたい、という人がほとんどなはずだぜ。そのため、ほとんどの人にとっては最高借入額など関係ないようなものだな。それを考えると、500万円まで借りられるので十分といえるだろう。

申し込み方法

キャッシュピットでは、以下の申込方法を採用しているぜ。

・インターネット

・電話

・FAX

・郵送

俺のこのサイトを見てくれているくらいだから、申し込みもネット経由でやったほうがスムーズにいくだろう。もちろん直接色々と聞きたいという人は電話で申し込みをするのもよいと思うし、時間がかかってもいいのであれば郵送という手段を使うのもいいと思うぜ。

キャッシュピットを利用する際には、基本的には所得証明などの収入証明書類などは必要ないぜ。しかし、運転免許証などの身分証は必要だから用意しておこう。また、その後の本人確認の電話を気にする人もいるだろうが、ばれないようにかけてくれるから安心してくれ。

返済方法

キャッシュピットの返済は、全国にある提携ATMを通じて行うことができるぜ。自社のATMだけではなく提携金融機関を利用できるというのは、利用者にとっては便利といえるだろう。また、ATMだけではなく口座振り込みにも対応しているから、都合のいい人はそちらも利用するとよいだろう。

返済方式

キャッシュピットでは、借入金額スライドリボルビング方式を採用しているぜ。この方式は、月々の返済金額が前月の残高によって決められるというシステムさ。例えば今月はお金がないからたくさん返せない、というような場合もあるだろう。条件がそろえば、月2000円の返済で済ませることもできるから安心なのさ。

借入残高

利用限度額100万円以上

利用限度額100万円未満

10万円以下

2000円

3000円

10万円超~20万円以下

4000円

6000円

20万円超~30万円以下

6000円

9000円

30万円超~

借入残高が10万円増すごとに

2000円追加

借入残高が10万円増すごとに

3000円追加

 

メリット

キャッシュピットを利用するメリットはたくさんあるが、大きく4つに分けることができるだろう。1つ目が専業主婦やアルバイトでも利用できる点、2つ目が借り入れや返済時のATM手数料がかからない点、3つ目が口座がなくても利用可能な点、そして4つ目が条件さえそろえば即日の借り入れが可能だという点だ。

特に銀行のカードローンによっては、その銀行の口座がなければサービスの利用ができないところも多いから、うれしいメリットだ。また、審査に時間がかからず最大500万円まで借りられるというのも大きなメリットの1つだろう。

 - カードローン