俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

審査におけるローンの理由について

   

学生ローンであっても、利用にあたって審査を受けなければならない。通常のキャッシングと比べると審査が緩いといわれる学生ローンだが、そのお金の使い道によってはローンを利用できないこともあるんだぜ。

審査項目はいくつかあるが、お金の利用目的は重要なのさ。基本的に、生活費や娯楽費などに利用するのであれば、審査に落ちることはないんじゃないかな?しかし、理由によっては審査に落とされてしまうこともあるんだ。

それでは、どのような理由を言うと審査に落ちてしまうんだろう?ここでは、審査時に必ず聞かれる利用目的に対する回答について紹介していこう。

審査に通りやすい利用目的について

学生ローンでは、通常のキャッシングと同じように返済できるかどうかということと同時に、なぜお金を借りなければならないのか、という利用の理由について聞かれることになるぜ。そして、その理由が審査の合否を分けることもあるのさ。

生活費に利用する

学生の中には、生活に困ってお金を借りたいという人もいるんじゃないのか?例えばアルバイト代が来週はいるから、来週まで生き延びるために3万円だけ用立ててほしいというようなケースがこれにあたる。

生活費という明確な理由があるのであれば、使用目的が原因で落とされることはないと思うぜ。慢性的にお金に困っているという人でなければ、普通は審査に通るはずさ。

娯楽費に利用する

学生だから、急にコンパに参加することになったということもあるだろうさ。または、卒業旅行で海外に行きたいという人もいるだろうな。しかし、急な出費や大きな出費のためのお金がないという学生も多いはずだぜ。

そんなときにも学生ローンを利用するといいぜ。学生ローンは、旅行代が必要な時に利用することができるし、パソコンやバイクなど、大きな買い物をしたいというときにも利用できるのさ。

その他の理由について

学生であれば、生活をしていく中で何かとお金が必要な場面が出てくるんじゃないのか?例えば、バンドをやっていれば楽器がほしいと思うだろうし、免許を取るために合宿に通いたいという人もいるはずさ。また、単純に学費が必要だという人もいるだろう。

基本的にそのような理由であれば、学生ローンを使うことができるはずだぜ。返済の計画を立てたうえで、上手に利用するといいさ。

審査に通らない理由

審査に通る理由もあれば、審査に通らない理由もあるぜ。学生ローンを使う際には、理由をしっかりと考えておくようにするべきだな。それでは、どのような理由を言ったら落とされるんだ?

ギャンブルのため

お金を借りる目的がギャンブルのためなんてのは、もってのほかだ。パチンコやスロットをはじめとするギャンブルにハマる学生いるが、借金してまでギャンブルをするのは感心できないな。

ギャンブルに使うお金は、かなりの高確率であっという間になくなってしまうぜ。借りたお金は簡単に手に入るから、負けたらまた借りればいいや、と感じるギャンブラーもいるんだ。それを繰り返すと借金が膨らんで返済どころではなくなるからな。

借金を返すため

お金を返すためにお金を借りたい、という人もいるみたいだな。しかし、お金を返すために学生ローンを利用するというくらいだから、収入が安定していない可能性が高いぜ。また、収入があったとしても計画的に使えていないということがまるわかりだ。

そんな危険な人物にお金を貸すことは、基本的にはできないぜ。お金はあくまで借りているだけだから、返済の計画をして少しずつ自分の力で返していかなければならないのさ。

審査に通るか微妙な理由

審査に通りやすい理由もあれば、逆に審査に通りにくい理由もある。そして、業者によって判断が分かれる理由も存在するぜ。

生活のために借りたい

生活のためのキャッシング利用は、通りやすい理由にも記載したぜ。しかし、状況によっては生活のために使いたいからと言っても審査に通らないことがある。

給料日が近いから一時的に生活費を借りたいというのであれば、業者も納得して貸してくれると思うぜ。しかし慢性的に生活費に困っている場合は、返済能力がないとみなされて貸してもらえないこともあるのさ。

留学の費用

留学は学業の一部だから、素晴らしい理由だと思うぜ。業者としても、勉強熱心な学生の力になりたいと感じるんじゃないのかな?

しかし、海外に長期で留学に行く場合は、月々の返済はどうするのか、というような問題が出てくるぜ。その問題をクリアできれば借りることができるんだが、うまく説明できなければアウトになるケースも少なくないぜ。

審査時に嘘をつくデメリット

本当は生活費のために借りたいけど、なんとなく学費に充てるといった方が貸してくれそうだと、審査時に嘘をついてしまう学生も少なくない。しかし、基本的には嘘をついてもいいことはないぜ。

嘘がバレたら?

嘘がバレてしまったら、基本的にその時点でアウトだ。例え本当のキャッシング理由が何かを購入するためであったとしても、嘘をついているとその時点で審査に落とされる可能性が高いのさ。

嘘をつく人間は、基本的には不誠実だとみなされるぜ。そして、不誠実な人物にお金を貸しても返済が滞ってしまうんじゃないのかと不安視されることになる。そうなると、いくら本人に返す気があっても審査に通らない。まぁ嘘をつく方が悪いということだな。

学生ローンを使用する裏条件

審査に通るためには、20歳以上であることと安定した収入があることが大切さ。それに加えて重要なのが、お金を借りる目的だ。通常はこの3つをクリアすれば、学生ローンを利用することができるのさ。

しかし、業者によってはそれに加えて借主の人柄を重視するケースもあるぜ。人柄とは、単純にいい人か悪い人か、信用できるか信用できないか、というようなことさ。嘘をついた時点で信用できない悪い人となってしまうから、例え十分な返済能力があったとしても利用は難しいのさ。

 

 

 - 学生ローンの審査について