俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

学生証だけで借りることができるのか?

   

学生ローンは、通常のキャッシングサービスと比べると審査が甘いと言われることもあるぜ。また、学生用のローンだから学生であっても気軽に借りられるといったメリットもあるのさ。

それでは、その学生ローンを利用したいと思ったら、どのような書類を用意しなければならないんだ?学生であるということを証明できさえすれば、学生ローンを利用することができるんだろうか?

最初に結論を言うと、学生ローンは学生証だけで利用することはできないのさ。学生ローンだから、自分が学生であるということを証明するために学生証は必要になってくるぜ。でもそれ以外にも、身分証明書を用意しなければならないんだ。

学生証も身分証明書になるじゃないかと思う人もいるかもしれないな?でも学生証には住所などの個人情報は書かれていないぜ。一般的に身分証明書とは、運転免許証や健康保険証、住民票などのことを指すんだぜ。

学生証と身分証明書の2点が必要

学生ローンをスムーズに利用したいのであれば、学生証と身分証明書を用意しておこう。むしろ、学生ローンだからこの2つで簡単に審査に通過してしまうんだぜ。でもこの2つが用意できないようであれば、基本的に学生ローンを利用することはできないのさ。

学生証について

学生ローンを利用するのだから、当然学生証が必要になってくるぜ。学生証は、自分が○○大学や××専門学校の学生だという証明書だ。学生として学生ローンを利用するのであれば、まずは学生証を用意してくれ。

しかし、学生ローンの専門業者の中には、ターゲットを学生に絞ると言っているにもかかわらず社会人でも利用できてしまうところがある。社会人の中には、その学生ローンを利用したいという人もたくさんいるのさ。

学生ローンでは、審査の際に在籍確認がない。また、普通のキャッシングと比べると審査に通りやすいんだ。その分金利が高いというようなデメリットもあるが、特に職場に電話がかかってくると困るという社会人は、学生ローンを利用することになるぜ。

しかし、社会人が学生証を持っているわけがない。その場合は、実は学生証なしでも学生ローンを利用することができるのさ。でもそれなら、学生でも学生証の提出は必要ないんじゃないのかと思った人もいるだろうな。

確かに学生証がなくても学生ローンの利用は可能だが、その場合は通常の金利よりも高い金利で貸し付けられることが多いんだぜ。普通の銀行ローンと比べても金利が高めの学生ローンだが、それよりもさらに金利が高くなってしまうのさ。

そのため、学生証を持っている学生なのであれば、身分証明書と一緒に必ず提出するようにしよう。

身分証明書について

身分証明書と聞いて、どのようなものを思い浮かべたんだ?恐らく、多くの人は運転免許証を想像したんじゃないかと思うぜ。運転免許証は学生から高齢者まで、誰もが利用できる共通の身分証明書だからな。

運転免許証には、その人の写真から住所まですべて載っているから、本人をすぐに確認することができるぜ。しかも財布に入るから常に携帯することができる。便利な身分証明書だな。

しかし、学生の中にはまだ運転免許証を持っていないという人も多いんじゃないのか?むしろ、その運転免許を取るための費用を借りたいから学生ローンを利用するというような人もいるだろうな。運転免許証がない人は、一体何を身分証明書として提出すればいいんだ?

免許がない人は、その代わりにパスポートや保険証を利用することができるぜ。その両方ともがないという人はあまりいないと思うが、そういった人であっても住民票を利用すればいいさ。住民票は、役所に行けば簡単に手に入るはずさ。

ただし、ローン会社によっては運転免許証以外の身分証明書を利用することで金利が高くなってしまうこともあるのさ。だから、まずは約款などをよく読んで、その金利に納得してから契約を結ぶようにするべきだな。

学生証しかない場合は?

学生の中には、身分証明書を持っていないというヤツもいるみたいだな。その場合は、ローン会社に提出できる書類は学生証のみということになる。学生証は、学生であれば必ず持っているはずだからな。

身分証明書としてよく利用されるのが運転免許証だが、免許を持っていなければ当然免許証を持っているはずがない。また、一人暮らしの場合は本籍地に住民票があるからこっちで用意することができないというケースもあるようだ。

要するに、自分を証明する書類を用意することができないということさ。そんな時には、どうすればいいんだろう?

犯罪による収益の移転防止に関する法律によって、キャッシング業者が誰かにお金を貸す際には必ず本人確認書類を提出してもらわなければならないということが義務付けられているぜ。簡単に言えば、身分を証明する書類を提出できないヤツは、キャッシング業者からお金を借りることができないということさ。

学生証の利用

中には、学生証で十分に身分を証明することができると考える学生もいるみたいだな。確かに、学生証には写真や氏名などが記載されているのかもしれない。しかし、住所や本籍地は書かれていないはずだ。そのため、学生証だけで身分を証明することはできないのさ。

健康保険証の利用

一人暮らしの学生であったとしても、健康保険証を持っている人は多いんじゃないのか?何かがあった時のために、財布に入れているという人も少なくないはずさ。保険証を持っているのであれば、免許証の代わりに業者に提出すればいいさ。

ただし、中には現在の住所などがかかれてない身分証明書もあるだろう。そんな場合はやはり自分の身分をしっかりと証明することができないので、公共料金の請求書や領収書などの提出が必要なケースもあるのさ。

公共料金は電気代や水道代などになるんだが、その明細にはそこの住人の名前が記されているはずだ。それを合わせて提出すれば、確認してもらえるはずさ。

本当に何もない場合

それでは、本当にこれらの身分証明書類がないという学生はどうしたらいいんだ?はっきり言って、何もない場合は学生ローンを利用することはできないぜ。実際に、ローン会社に断られることになるだろうな。

しかし、何もない人でも1つだけ学生ローンを利用する方法があるぜ。それは、住民票を取ってしまうことだ。役所に行けば、住民票を移してもらうことができるはずさ。一人暮らしの学生の中には、面倒だからと住民票を本籍地のままにしている人もいるんじゃないのか?

しかし、これは立派な違法行為だぜ。場合によっては、過料の罰則があるはずさ。本来ならば、引越しをしてから2週間以内に住民票を移さなければならないんだぜ。まぁ滅多にバレることがないから放置している人も多いが、早めに移しておいた方がいいだろう。

住民票を移しておけば、もしもの時のための身分を証明する書類として利用することができるぜ。もちろん学生ローンの申し込みにも利用することができるから、困った時にすぐに申し込みができるように体勢を整えておくべきだな。

 

 

 - 学生ローンの疑問点