俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

学生ローンはどれくらいで完済すればよいのか?

   

学生ローンを利用したら、その返済期間が気になるという人もいるんじゃないのか?結論から言うと、学生ローンは最大で契約から5年で返済しなければならないぜ。

そのため、契約の段階で5年で返済できるように月々の返済額を決めようとする人もいるみたいだ。しかし、予定よりも早く返済する分には構わないさ。遅れないように返済すれば文句は言われないし、早く返せばそれだけ金利の支払いも減ることになるぜ。

5年の返済期間について

学生ローンでは、借り入れから計算して5年以内に返済し終えなければならないぜ。基本的には返済日は毎月やってくることになるから、最大で60回払いということになるのさ。

しかし、業者によって異なるが、月々の最低の返済額が決まっていることが多いんだ。だから、少額をちびちび返していくというようなことはできないぜ。

例えば、極端な話だが、6000円を返すために毎月100円ずつ返済していくというようなことはできないぜ。最低返済額は借り入れの額によっても異なるが、数千円に設定している業者がほとんどさ。

最低返済額が3000円に設定されていたら、6000円借りた場合は2か月で返済しなければならないぜ。そもそも6000円だけ借りるということはないだろうさ。でも返済期間と同時に最低返済額のことも覚えておくように。

最低返済額と返済期間の関係

最低返済額が3000円だった場合、5万円借りた学生は最長で17回で返済を完了することになるぜ。つまり、1年と5か月で返済が終わるということさ。5万円を1年間に1万円ずつ返して5年で完済させるというようなことはできないぜ。

しかし、このシステムも業者や返済方式によって異なることがあるぜ。例えば、金利さえ納めてくれていれば問題ないというような業者も存在するのさ。だから、借りるときに返済についてもよく聞いておいた方がいいぜ。

予定よりも早く返し終わるケース

例えば、5万円借りた学生が月々3000円返済した場合は、17か月かかることになるぜ。しかし、最初に毎月3000円を返済すると決めたから、月々3000円しか返済することができないということはないんだ。

3000円返すと言って1500円しか返さないのはちょっとヤバいが、3000円返済するつもりが5000円返済するのは全く問題ないぜ。予定よりも早く返済することを繰り上げ返済と呼ぶんだが、お金があるのであれば早く返した方がいいだろう。

早く返した方が得をする

というのは、学生ローンでは月々の借り入れの残額に対して利息が発生するという実質年利と呼ばれる仕組みをとっているからさ。つまり、元金をできるだけ減らした方が発生する金利の額が少なくなるということだぜ。

究極を言えば、先月借りたお金を今月に全額返済することも可能だぜ。これは全額一括繰り上げ返済などと呼ばれるのだが、金利を最小限に抑える方法の1つだな。

返済日は毎月やってくる

例えば、学生ローンを利用した学生が月々5000円返すとしよう。しかし、今月はお金があったから1万円返すことにした。だからと言って、それで2か月分の返済をしたということにはならないぜ。

勘違いする学生も多いんだが、返済日は必ず毎月やってくるのさ。仮に前の返済日にたくさん払ったからと言って、今回の返済がチャラになるなんてことはないんだ。前の月にたくさん払ったとしても、基本的には毎月最低返済額を支払わなければならないのさ。

金利の高い学生ローン

学生ローンは、どうしても銀行のカードローンなどと比べると金利が高く設定されているぜ。学生向けに借りやすくなっているから仕方がないと言えばそれまでだが、だからこそ早く返すことに意味があるんだ。

月々の最低返済額だけを返済するという方法をとる学生もいるだろう。しかし、最少額の返済を続けるのは、金利が最もかかる方法だぜ。金利のデメリットをなくすためにも、お金ができたらできるだけ多めに払うのが学生ローンをうまく利用するコツさ。

 

 - 学生ローンの返済について