俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

学生がお金を借りる方法とローン会社

   

大学生にもなれば、アルバイトをして自分で生活費を稼いでいる人もいるだろう。また、家賃も含め、親に仕送りをしてもらっている人もいるはずだ。

しかし、月々の決まった収入では足りないような何かを買いたい時や、急にまとまったお金が必要な時などには、何とかしてお金を集める必要がある。

今回は、学生がお金を借りる方法について紹介しよう。

学生がお金を借りる様々な方法

学生ローンについて

学生ローンは、ローン会社が学生に融資を行う。融資の金額は人によって異なるし、お金を借りる目的も人によって異なるだろう。

旅行が好きな人はお金を借りて海外旅行を楽しむのもいいし、生活費が一時的に足りないようなら返済できる額を借りるのもいい。

教育ローンについて

教育ローンは、教育に関連する費用の融資を行う。国民生活金融公庫と呼ばれる政府系の金融機関が管理していて、大きく教育一般貸付と郵貯教育貸付、年金教育貸付の3つに分けることができるのさ。

借りる目的が教育関係に限定されるため、月々の授業料だったり入学金、または受験にかかった費用などに適応しているぜ。

教育ローンは学生が直接借りるのではなく、その学生の保護者が申請者となるんだ。また、借りるためにはある程度、審査基準や条件がもうけられているのさ。

奨学金について

奨学金は、経済的な事情によって進学などが難しい学生に対して生活費や学費を支援するという制度のことさ。能力が高いにも関わらず、お金がないという理由だけで勉強できないのはもったいないことだ。

そういった学生を救済するための制度が奨学金だ。奨学金は大きく、第一奨学金制度、第二種奨学金制度などに分けられており、第一種が学力等の採用基準が厳しくなっているため、採用される人数が限られてくるのさ。でも第二種の場合は、親の年収等の条件を満たせばクリアできるぜ。

 

学生が利用できるローン会社

それじゃ、次の問題だ。学生はローン会社を普通に利用できるのか、という点なんだが。

結論から言うと、審査の基準を満たしている学生であれば、ローン会社を利用することは可能だぜ。ただし、それには条件がある。

1、  20歳以上であること

2、  安定した収入があること

昔は、どこのローン会社であっても未成年が普通にお金を借りることができたんだぜ。だが今はそうはいかない。法律が改正され、未成年は借りにくくなったのさ。

アコムやプロミスと言えば、だれもが一度は聞いたことのあるローン会社だろ?こういった有名どころも、基本的には20歳以上69歳以下の安定した収入のある人が利用できるとしているから、やっぱり未成年は厳しいぜ。

安定した収入というのは、具体的にはアルバイトでの収入のことを指す。ローン会社は審査の際に、返せるかどうかを見ることになるのさ。だから、安定した収入があれば借りやすいといえるんだ。

ただ、20歳以上で定期的な収入があるからと言って、必ず借りられるとも限らないぜ。週に1回のアルバイトで月2万円稼いでいたとしても、安定しているとは言えないからな。その辺の裁量はローン会社や状況によって変わるから、とりあえず相談してみたらいいと思うぜ。

 

未成年の学生がお金を借りるには?

同じ学生でも、このように成人と未成年とでは待遇が大きく違うことがわかるだろ?俺から見れば19歳も20歳も似たようなものだが、法律によって定められている以上は、これに従わなければならない。

じゃあ、未成年がお金を借りたいと思ったらどうすればいいんだ?

未成年の学生であっても、20歳の学生と同じようにお金が必要になることもあるだろうさ。そんな時には、学生用のクレジットカードを利用してみるのも方法の1つだな。

例えば、三井住友VISAカードの学生クレジットカードを作るんだ。それで5万円のキャッシング枠で借り入れをすることができるのさ。

これを使えば未成年でも普通にお金を借りることができるんだ。ただし、三井住友の場合は親権者に承諾してもらう必要があるがな。

もしくは、その学生クレジットカードを使って、10万円~30万円のショッピング枠で買い物をするというのもいいだろう。まとまったお金が必要な場合は人によって違うが、旅行であっても免許合宿であっても、今はカードで支払いできる。そういった使い方もできるんだ。

 

 

 

 

 

 

 - 学生でもキャッシングをする方法