俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

即日融資も可能な業者の金利と審査に必要な書類

   

キャッシングを利用する際には、即日融資ができるかどうかが決め手になるという人も多いんじゃないのか?たくさんの銀行系カードローン、消費者金融系のキャッシングサービスなどがあるが、即日融資も可能な業者を探すとなるとそんなに多くはない。

しかし、それでもいくつかのキャッシング業者は即日融資を謳っているぜ。うまくやれば当日中にお金を手に入れることができるから、本当にお金を必要としている人にとっては使い勝手の良いサービスだといえるだろう。

ただし、即日融資も可能だと謳っている業者に申し込みをしたとしても、絶対に当日中にお金を借りられるというわけではないぜ。時間帯によっては翌営業日以降にしか借りられないケースもあるし、審査の段階で必要な書類を揃えられないとすぐに契約ができないのさ。

今回は、業者とスムーズに契約を結べるように、業者ごとの必要書類をまとめてみたぜ。代表的な即日融資も可能な業者を記載したつもりだから、とりあえずこのページを見てもらえればどんな書類を揃えればいいのかがわかるはずさ。

また、業者によっては細かな書類を提出しなければいけないところもあるぜ。利用したい業者があったけど、書類がすぐに用意できないから契約できなかったというケースも少なくない。このページで、現在すぐに利用できそうな業者を見つけるのもいいんじゃないのか?

即日利用が可能な業者

即日利用と聞くと、どうしても消費者金融系のキャッシングサービスを思い浮かべる人が多いんじゃないかと思うぜ。しかし、実は銀行カードローンの中にも即日で借り入れ可能な業者が存在するのさ。だから、銀行系キャッシングと消費者金融系キャッシングに分けて必要書類を見ていこう。

銀行系キャッシングで即日融資をする

銀行系のキャッシングは、審査に何日もかかるイメージがあるぜ。確かに大多数の銀行カードローンは即日融資を行っていない。金利が低いから、申込者を慎重に調べてお金を貸し付けても大丈夫かどうかを確かめるのさ。

しかし、中には即日融資も可能な業者があるんだ。それは、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、新生銀行カードローンレイクだ。ここでは、その3行の紹介をしていこう。

 

金利

限度額

審査にかかる時間

三井住友銀行カードローン

4.0~14.5%

800万円

最短で30分

三菱東京UFJ銀行カードローン

4.6~14.6%

500万円

最短で30分

新生銀行カードローン(レイク)

4.5~18.0%

500万円

申込み後すぐ

銀行系キャッシングの申し込みに必要な書類

三井住友銀行カードローンの場合

三井住友銀行カードローンから即日融資を受けるためには、身分証明書と、場合によっては収入を証明する書類が必要になってくるぜ。収入証明書類が必要なケースは借入額が300万円を超える場合だから、即日で数万円や数十万円を借りるケースであればあまり必要はないだろう。

ちなみに、身分証明書は運転免許証でもいいが、パスポートや保険証などでも構わないぜ。また、顔写真付きの住民基本台帳カードも可だから、免許などがないという人は用意しておこう。

三菱東京UFJ銀行カードローンの場合

三菱東京UFJ銀行カードローンから融資を受けるためには、身分証明書が必要だぜ。また、こちらも場合によっては収入証明書類の提出が求められるのさ。三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は、100万円以上借り入れる場合にのみ、収入証明書類の用意が必要だ。

即日融資を受けるためには、必ず運転免許証を持っていかなければならないぜ。運転免許証がない場合は、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口でカードを発行してもらえないから、絶対に免許を持っていくようにしてくれ。

新生銀行カードローンレイクの場合

新生銀行カードローンレイクで即日融資を受けるためには、身分証明書と、こちらも場合によっては収入を証明する書類の提出が必要になるぜ。新生銀行カードローンレイクの場合は、借入金額が100万円を超す場合に、収入証明書類を提出しなければならないんだ。

身分を証明する書類は、運転免許証か保険証、パスポートなどのいずれかになるぜ。これらがない場合は窓口などに行ったとしても、即日融資でお金を受け取ることができないから注意してくれ。

 

消費者金融系キャッシングで即日融資をする

知名度の高い消費者金融系キャッシングを思い浮かべる人が多いと思うが、中小業者を含めると、現在は実にたくさんの消費者金融業者が存在するぜ。しかし、即日融資も可能な業者に絞ってみると、そんなに多くはないのさ。

ここでは、その中でも有名な大手のサービスである、アコムとアイフル、プロミスとモビット、ノーローン、オリックスVIPカードローンについて見ていこう。即日融資に必要な書類が若干異なるから、確認してから申し込むようにしてくれ。

 

金利

限度額

審査にかかる時間

アコム

4.7~18.0%

500万円

最短で30分

アイフル

4.5~18.0%

500万円

最短で30分

プロミス

4.5~17.8%

500万円

最短で30分

モビット

3.0%~18.0%

800万円

最短で30分 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

ノーローン

4.9~18.0%

300万円

最短で20分

オリックスVIPカードローン

3.0~16.8%

800万円

最短で60分

消費者金融系キャッシングの申し込みに必要な書類

アコムの場合

アコムで即日融資を受けるためには、身分を証明する書類と、場合によっては収入を証明する書類の提出が求められるぜ。しかし、収入証明書類の提出が必要なのは、借入額が50万円を超える場合、もしくは他社との借り入れ合計額が100万円を超える場合だ。

ちなみに身分証明書類は、運転免許証か健康保険証、パスポート等になる。また、場合によってははじめから収入証明書類の提出を求められることもあるから、できるのであれば事前に用意しておきたいものだな。

アイフルの場合

アイフルで即日融資を受けるためには、こちらも身分を証明する書類と、場合によっては収入証明書類の提出が必要になってくるぜ。収入証明書類が必要なケースは、借り入れ金額が50万円以上の場合、または他社の借入額と合わせた合計が100万円を超す場合さ。

アイフルで即日融資を受けるために必要な身分を証明する書類は、運転免許証か保険証、パスポートなどになるぜ。しかし中には50万円以下の借り入れでも収入証明書類を求められるケースがあるから、できれば一緒に用意しておこう。

プロミスの場合

プロミスで即日融資※)を受けるためには、身分を証明する書類、また場合によっては、収入を証明する書類の提出が求められるぜ。プロミスの場合は、借入金額が50万円を上回る場合、もしくは他社の借入額と合わせた合計金額が100万円を超える場合に、収入証明書類が必要になるぜ。

※)お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

身分を証明する書類は、運転免許証や健康保険証、またはパスポートなどになるのさ。しかし場合によっては借入額が50万円以下でも収入証明書類が必要になってくるから、できれば予め用意しておこう。

モビットの場合

モビットで即日融資を受けるためには、身分証明書と収入を証明する書類の2点が必要だぜ。モビットの場合は、借入額に関係なく収入証明書類が必要になってくるから、一緒に用意しておいてくれ。

身分証明書は、運転免許証やパスポート、健康保険証などになる。また、収入証明書類とは源泉徴収票や確定申告書、または給与明細などの写しだ。いずれも真近に発行されたものが求められるから、即日融資のために準備しておこう。

ノーローンの場合

ノーローンから即日融資を受けるためには、身分証明書と、場合によっては収入を証明する書類の提出が求められるぜ。ノーローンの場合は、借入金額が50万円を超える場合には、収入証明書類を出さなければならないのさ。

ちなみに身分証明書では、運転免許証や健康保険証、パスポート、顔写真付きの住民基本台帳カードなどがあげられる。人によっては借り入れが50万円以下でも収入証明書類を出してくれと言われるから、できるのであれば予め用意しておこう。

オリックスVIPカードローンの場合

オリックスVIPカードローンから即日融資を受けるためには、身分を証明する書類と収入を証明する書類の提出が必要になるぜ。オリックスVIPカードローンでは借り入れの金額にかかわらず収入証明書類を出さなければならないから用意しておこう。

身分証明書は運転免許証か、パスポートや健康保険証などになるぜ。収入証明書類は、確定申告書や源泉徴収票、課税証明書などになる。いずれも真近のデータが必要になるから、即日融資を可能にするために事前に準備しておいてくれ。

 - 即日融資の出来る業者について