俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

即日融資と時間帯の関係

   

即日融資を考えている人のほとんどは、今すぐにお金が必要な人だろう。今この瞬間にお金が必要だからこそ、キャッシングの利用を考えるはずさ。逆に、来週お金が必要だからといって、今すぐにキャッシング業者からお金を借りようとは思わないんじゃないのか?

最近は、そういった人々のために即日融資も可能なキャッシング業者が増えてきているぜ。しかし、即日融資も可能だと謳っている業者であれば、いつでもすぐにお金を融資してくれるというわけではないのさ。もちろん条件が満たされなければ申し込みさえすることができないし、申し込みの時間帯によっても即日融資ができないことがあるんだ。

 

申し込みの時間帯を考える

例えば大手の消費者金融の中には、申し込みから最短で30分で借り入れができると謳っているところも少なくないぜ。これは嘘ではないんだが、最短で30分というだけであって、絶対に30分で借り入れが出来る状態になるというわけではないのさ。

申し込みの手続きをする人がたくさんいた場合は、審査の順番を待つことになるだろう。また、人によっては審査が長引いてしまうこともあるのさ。つまり、30分と言っていても、実際には1時間かかったり2時間かかったりする可能性もあるということを覚えておこう。

休日の翌営業日は混みあう可能性が高い

大手であれば、土日や休日にかかわらず即日融資も可能だという業者があるぞ。しかし、基本的にキャッシング業者は土日が休みだから、その間に審査が受けられないこともあるのさ。そういった業者を利用する場合は、その休日の翌営業日は混み合って審査が長引く可能性があるんだ。

どんな業種であっても、休み明けにはその休みの間にたまった処理をすることになるだろう。例えばその休みの間に新規の申し込みがたくさんあった場合は、とりあえずはそちらを優先的に審査することになる。当然、休み明けの日に申し込みをした人は、後回しにされるってわけさ。

一般的には、振り込みで融資を受けたい場合は14時位までに手続きを完了させておかなければならないぜ。金融機関の営業時間が終わってしまうため、それ以降に振り込んでもらったとしても自分の口座には反映されないからな。

例えば、消費者金融の中には、14時までに申し込めば即日融資も可能だと言っているところも少なくない。しかし、即日融資も可能と言っているであって、確実に即日融資が可能だと言っているわけではないということに注目してみてくれ。

休み明けは混みあうから、業者が謳っている時間のギリギリに申し込みを済ませたとしても、間に合わない可能性だって出てくるってことさ。気をつけなければ当日中にお金を受け取ることができないから、特に休み明けは早めに申し込みを済ませてしまおう。

14時までの申し込みについて

特に大手の消費者金融などは、14時や14時30分までに申し込みを完了させれば当日中の融資に間に合うと謳っているところも少なくないぜ。金融機関が15時に閉まるから、それまでに振込対応をしてもらえれば、確かに即日融資は可能だぜ。

しかし、審査に時間がかかるかもしれないから、業者が謳っている時間ギリギリに申し込むのはやめたほうがいいだろう。もちろん振り込みではなくカードを受け取るという方法を選択すれば、当日中の融資には間に合うかもしれない。しかし本当にギリギリに申し込んでも、間に合わないことがあるんだ。

申し込みをする側としても、ギリギリに申し込んで本当に間に合うのだろうかと不安を感じるんじゃないのか?絶対に今日中にお金が必要なのであれば、余裕を持って申し込むべきだ。例えば書類不備などがあった場合も、午前中にそれがわかっていれば当日中に用意して再度申し込みをすることも可能だからな。

 

即日融資をより確実なものにするために

即日融資が可能だと謳っている業者も増えてきているが、その業者に申し込んだ人全員が、確実に当日中にお金を受け取れるというわけではないぜ。もちろん審査に落とされる人もいるだろうが、手続きに間に合わなかったため翌日や翌営業日の受け取りになってしまう人もいるのさ。

申し込む際に下記に気をつけていれば、当日中に融資を受けられる可能性が高くなるだろう。ポイントは、早めに申し込むことと、時間を考えることさ。

午前中に申し込みを済ませる

即日融資も可能な業者であったとしても、申し込みの時間帯が遅い場合はその日のうちに振込融資ができないことがあるぜ。業者は夜まで開いていたとしても、振り込みに利用する金融機関が早く閉まってしまうからな。

業者が営業時間中に振込手続きを完了させたとしても、金融機関が営業していなければ反映は翌営業日となってしまう。そのため、当日中の振り込み融資を可能にするには、金融機関の営業時間内に全てを済ませておかなければならないのさ。

キャッシング業者によって最終受付の時間は異なるが、できればその時間よりも早い時間帯に申し込みをしておくべきだろう。そうすれば、仮に何かがあった時にもカバーできる可能性が高まるからな。具体的には、できれば午前中に申し込みを済ませておきたいものだ。

午前中に申し込みを済ませれば、例えば審査結果が出るのに1時間や2時間かかったとしても、金融機関の営業時間内に振り込みでの融資を受け取ることができるはずだ。早く申し込めば、書類不備などのトラブルがあったとしても、その日のうちに再度申し込みが可能だしな。

必要書類の確認

キャッシング業者の多くは、即日利用であったとしても提出しなければならない書類は一緒だぜ。基本的には運転免許証やパスポートなどの身分証明書があれば、即日融資を受けることは可能な業者が多い。しかし、中には収入証明書類が必要になるケースもあるんだ。

即日融資も可能な業者であったとしても、こちらの身分を証明する書類を用意できなければ当日中にお金を貸し付けることはできないぜ。逆にいえば、業者が求める書類を全て提出するまでは、お金を借りることなどできないということさ。

例えば免許証だけでいいのであれば、簡単に即日融資を利用できるんじゃないかと思うぜ。しかしその免許に問題があったりすると、別の身分証明書を用意しなければならない。また、収入証明書類を指定している業者もあるから事前に確認しておく必要があるぜ。

利用しようとしているキャッシング業者のホームページに行けば、申し込みに必要な書類が記載されているはずさ。また、俺のこのサイトにも、業者ごとのページがある。そこを見てもらえれば即日融資に何が必要なのかが一目瞭然だからそちらもチェックしてみてくれ。

 

 - 即日キャッシングについて