俺のキャッシング徹底比較ランキング即日や審査・一覧から比較まで カードローンや消費者金融でお金を借りる

即日審査で決めるか徹底比較するか?銀行系カードローン・消費者金融からサラ金までお金借りる方法一覧徹底調査

内定に悪影響を与えるのか?

   

学生ローンは、業者からお金を借りるために利用するんだ。別の言い方をすると借金をするということになるが、借金に対してよくないイメージを持っている学生も多いんじゃないのか?それは世間的に見ても同じようだな。

そのため、就活をしている学生の中には、学生ローンの利用が内定に響くんじゃないかと心配する人もいるようだぜ。しかし、結論から言うと就活や内定と学生ローンの利用には全く関連性がないのさ。

例えば、内定が決まった会社が借り入れ状況を確認する際には、信用情報機関を利用しなければならないんだ。そして、この信用情報機関を利用できるのは正式な貸金業者のみなんだぜ。つまり、どんなに大きな会社であっても個人の借金の記録を見ることはできないのさ。

中には、貸金業者に就職をしたいという人もいるんじゃないのか?その場合は、貸金業者だから信用情報を見られてしまうと不安になるんじゃないかと思う。しかし、こちらも本人の同意が必要だから、同じように勝手に調べることはできないのさ。

お金を借りていると内定が取れない?

お金を借りる際に、学生ローンを利用していると就活に響くといわれることもあるようだな。確かに一般的に見ると借金はイメージが悪いから、そういったうわさが流れるのも仕方がないのかもしれないぜ。

しかし、結論から言うと、学生ローンを使っているからと言って就職しにくいということもないし、学生ローンが利用で内定が取り消されてしまうということもあり得ないんだ。だから、安心して学生ローンを利用してくれ。

大企業でも見れない個人情報

なぜそんなことが言い切れるかというと、借り入れに関するデータは大切な個人情報だからなのさ。そのため、学生ローンでいくら借りているから内定取り消し、という前に、学生ローンを利用していること自体が企業に漏れることはないんだ。

公務員から会社員、銀行員など、様々な職業が存在するが、基本的には個人情報は固く守られているから安心してほしい。就職活動で影響が出たら嫌だから学生ローンを利用できないという人もいるようだが、そんなことはないからどんどん利用してくれ。

信用情報機関を見る方法

学生ローンのデータが内定に全く関係ないと言い切れるのは、借り入れの記録などは全て信用情報機関に登録されているからなんだ。この信用情報機関のデータは、消費者金融や金融機関などが借入審査のために利用するのさ。

そのため、正式に登録されている貸金業者でなければ、開示請求をすることができないんだぜ。当然大学が生徒の借金の状況を調べることもできないし、就職先が調査することもできないんだ。だから安心して利用できるのさ。

ちなみに、正式に登録されている貸金業者以外でもこの情報を見ることができる人物がいるんだ。それは、お金を借りた本人さ。自分がブラックになっていないかということを調べるときなどに利用できるから、興味がある学生は使ってみるといいだろう。

貸金業者に就職した場合はどうなるのか?

先ほど、正式に登録されている貸金業者でなければ信用情報機関のデータを見ることができないと述べたぜ。ということは、裏を返せば貸金業者であればそのデータを見ることができるってことだな。ここで問題になってくるのが、将来的に貸金業者で働きたいと思っている学生だ。

銀行や貸金業者の情報の取り扱いについて

しかし、基本的には個人の信用情報なので、就職予定先にバレてしまうようなことはないと思っていいぜ。それは、信用情報のデータは、貸し付けの与信判断のみに利用することしかできないからだ。また、その際には本人に同意を求めなければならないんだぜ。

要するに、お金を借りに来た人の審査のためにしか利用できない情報だから、それ以外に利用したら違法となってしまうのさ。同様に、本人の同意なしで信用情報を取得しようとしても違法なのさ。

やはり学生ローンのデータがバレることはない

貸金業者はそのあたりの事情をよくわかっているから、わざわざ違法行為までして新入社員の借金歴などを調べることはしないのさ。要するに、学生ローンでお金を借りたからと言っても、それがバレることはないんだぜ。

就職活動にはお金が必要だから、そのために学生ローンを利用したいという人もいるんじゃないのか?しかしその借金のデータが残るからやっぱり使えないと困っていた人もいるはずだ。でも今なら安心して利用できるはずさ。

借金歴がバレる場合

しかし、中には過去にお金を借りているということがバレてしまうケースもあるのさ。例えば、企業の面接のときにそのことを聞かれて、本当のことを言ってしまうと当然バレることになる。

最初に記載した通り、やはり世間的には借金に対して悪い印象があるぜ。だから、面接で素直に応えてしまうとよほどの理由がない限り、面接官に悪いイメージを与えてしまうんじゃないのか?どうせバレることはないのだから、正直に答える必要はないぜ。

個人の経済状況は、最重要ともいえるプライバシーだぜ。今いくらの貯金がある、過去に借金していた、というようなことは、会社に言う必要のない情報さ。面接でそんなことを聞かれたら、逆にその会社を疑った方がいいと思うぜ。

 

 - 学生ローンの疑問点